日本の結婚式と海外の結婚式の違い

結婚式はこの地球上、どの国でも行われていますが、日本の結婚式と海外の結婚式の違いを見てみました。

挙式はどの国も信心している宗教にのっとったものが多いです。日本人が思っている以上に海外では宗教と共に生活していることが

わかります。

パーティーは調べれば調べるほど、面白くて日本のパーティの演出のヒントになりそうですよ。

イギリス  広大な家や土地を持っている人は自宅に多くのゲストをお招きします。200人以上とか。

家の中でパーティをすると言うより大きなウエディングテント(Marquee)を使います。そして堅苦しことはしなく、

自由に食べたり、飲んだり、おしゃべりしたり。余興と言う発想がない代わりに生演奏やDJを入れたりします。

素敵ですね。日本の場合だとキャンプ場に大きな真っ白いテントを張ってパーティーを行えば可能です。お洒落感は抜群です。

台湾  日本との大きな違いの1つは服装です。台湾ではカジュアルな服装でOKです。カジュアルと言うより普段着です。

逆に頑張って礼服で来てしまうとご新郎に間違われるそうです。

そして招待状を受け取ったら、出欠に関わらずご祝儀を送らなくてはいけないそうです。

会場の入り口には写真、写真!写真!!これでもかと言う程、飾るそうで気合いの入れようは相当なものです。

日本の結婚式場やゲストハウスでは普段着のゲストと言うのは抵抗がありますが、パブやフリースペースなら有りですね。

エジプト  夜から始まるのがエジプトの結婚式です。そして深夜に2次会が始まります。お料理やブッフェ形式が多く、

同じ場所でパーティー・2次会をすることが一般的だそうです。夜通しずっとやっているイメージですね。

日本ではこれを前日に行って宿泊型のウエディング・前日から始まるウエディングと言うスタイルにするのもアイディアです。

世界の結婚式を参考にしてお二人スタイルの結婚式にしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です