チャペルと教会の違い

49590552_477x636[1]
日本人が挙式を挙げるときに人気のスタイルが教会式です。
そして教会式を挙げる場所はチャペルと教会の2つがありますが、皆さんはこの違いをご存知ですか?
教会とは・・・信者の為のお祈りの場所ですのでその宗教団体の方が集まる場所。
結婚式もすればお葬式もするのが教会です。聖堂や礼拝堂もこの教会の1つで現在ではキリスト教がそれを意味することが多いです。
そして必ず牧師や司祭がいらっしゃりその方達が結婚式を取り仕切ります。

チャペルとは・・・教会をモチーフにした挙式をするために作られた商業施設を言います。だからチャペルでは結婚式しかしませんし信者さんが集まってお祈りすることもありませんので勿論お葬式はしません。結婚式の為ですので牧師に来てもらうことも出来ますし宗教色をなくした人前式を行うことも可能です。

目的その物が違いますから、教会で結婚式を挙げたいときは未信者の方はお断りされたり少なくとも牧師や司祭との1回以上のガイダンスが必要です。
その点、チャペルはそれを気に入り保有する会場に申し込みをすれば結婚式が出来ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です