グアムランチウェディングパーティー GUAM

彼らは世界を旅する船上で出会ったと教えてくれた。当日のグアムでのパーティーは午前中に挙式を済ませ、ランチでパーティーをした。ゲストは13名様。殆どがグアムは初めての来島だった。13名では大きすぎる会場は3つの部屋から成っていて二人らしく「世界を旅する」をコンセプトにプランニングした。打合せの時は、あの街のあそこが素晴らしかったとか、あの国に感動したとか私が知らない世界中の話をしてくれた。世界を旅した人達はこんなにも大きくそして寛大なんだといつも思った。会場を過去・現在・未来としてゲストが最初に入るウエイティングスペースには沢山の各国の写真を飾った。そう、過去に二人が一緒に降り立った国々の写真。きっと軽やかな足取りでその地を踏んだんだろうとイメージして、バルーンに沢山の写真を貼ってデコレーションした。顔を寄り添いにこやかに笑う二人。全てが美しい風景に囲まれて。ランチをするお部屋は現在を表現。南国らしいお花とキャンドルでテーブルコーディネイトした。打ち合わせの時、サンプル写真を沢山持って行って、どんな感じにしたい?と相談し、新婦が好きだと言う、白と緑を基調にした花を選んだ。当日会場を見た新婦は「きれい!」と感嘆の声を上げてくれた。

そして、日本からサプライズムービーが届いた。私が出国する前日の深夜に二人の友人から届いたムービー。「時間も時間なのでもし無理だったら放映は諦めます」と送って下さった友人に言われたが、内容を拝見するとどうしても放映したくなった。だって、沢山のおめでとうが込められたから。現地にすぐデーターを飛ばして会場でテストをしてもらった。多分現地時間の深夜3時頃だったと記憶している。「OK綺麗に映ったから安心して」と現地スタッフから素早いレスポンス。結果、当日に二人はとても驚き喜んでくれた。明るい二人の未来を表現したくてパーティー後半は演出を沢山あえて詰め込んで光りがいっぱい注ぎ込む部屋に移動してデザートを頂きながら、ご両親による楽器演奏。楽しかった!お姉様と甥っ子さん達とのピアノの連奏。可愛かったな〜。お母様による歌の披露。プロ顔まけの歌唱力。ご新婦のフラ。その動作そのものが言葉と言うフラダンスは女性らしい柔らかい動き。優雅な音楽。はだしになって美しく踊ってくれた。最後はご新郎によるウクレレの演奏。優しくグアムの小高い丘から響く音色が海に帰っていくようで、涙がこぼれてきた。私は二人の好きを重きに置いてプランニングすることを心がけている。

好きなことを好きなだけ出来るパーティーにしたいと望んだお二人。優しさと穏やかさに包まれたグアムウェディングだった。

purodeced by weddingeve(ウェディングイヴ)

IMG_0397 IMG_0398IMG_0399IMG_0400photo-623

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です