グアムの素敵ロケーションで思う存分写真撮影をしよう

結婚式では沢山の写真を絶対に残しておきたいです。今回も素敵なグアムのロケーションで撮影をして来ました。

まずはファーストルックから。ここはお二人の思い出の場所。そんなストリーも大切にしたいですね。

カメラマンとアテンダーがタイミングを見計らいご新郎の元にご新婦をお連れします。少しアドバイスをしたあとはお二人のタイミングで。

二人とも少し照れたような、でもとっても嬉しい雰囲気が伝わって来ます。いいぁ。超個人的な話で恐縮ですが私は今年で結婚18年目を迎えます。自分の結婚式の時にファーストルック撮影したかったな。ファーストルックは日本ではまだなかった時代でした。

さてここから本格的にロケーションフォトツアーに繰り出します。まずはタモンタウンから。高級ブランドショップや道路標識等など目に映る物全てが色彩鮮やかで海外リゾート感たっぷりです。

次のステージはがらりと雰囲気を変えて大人気スポット恋人岬手前の1本道です。やっぱり素敵なロケーション。

グアムの日差しを浴びながらまっすぐこちらに歩いてくるこの写真たまらなく好き。ただしこの撮影秘話。撮影したTさんのドン引きする位の滝汗と彼は海外生活が長いせいか、まぁまぁ古る過ぎる流行語を、惜しげもなく披露するものだから、同世代の私は受け止められるけど・・・ねぇ。「俺の中ではまだイケる」って自信満々で言われても。

こういう時に心の時差を感じます。

ここはグアムの観光地のラッテンストーン広場。当初予定していなかった撮影場所でしたが、二人のここで撮影したい!って言うご希望とそんな二人を撮影したいって言うカメラマンの気持ちが一致しました。ここでも撮影秘話。私は初めて訪れた場所で、何気に歴女なので撮影中、見学を楽しみました。遥か向こうから「そろそろ行くよ~」とカメラマンから呼ばれるまで。

こちらはスペイン広場。スペイン統治時代の古き良き雰囲気が感じらます。丁度色々な花達も咲いていていい時期でした。

スペイン広場で撮影が終わったら次はグアム最大のマリーナです。

自分達の船を持っているローカル達が一緒に写真を撮ってくれたり、風を利用してヴェールと撮影したり。

次はガーデン挙式のレポートをします。

ではでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です