グアム滞在日誌② ツーリストさんに是非訪れて欲しい場所 ココス島編

今日はオフアイランド!(一応グアム本土からは、いなくなるので)ココス島に行って来ました。初ココス。

グアム南部から出発するココス島。サンゴ礁に囲まれたそれはそれは、小さな島です。

タモンから車で船場まで約1時間かかりますが道中もタモンの街並みとは違ったローカルな景色が見られて楽しめます。私は素朴なグアムの景色が大好きで、海が見える広い庭のある家を見るたびに、こんな風に生活出来たら素敵だろうなって思ってます。ただ主婦観点からして「この人達ってどこに買い物行ってるの?」って毎回思いますが・・・

ココス島はアクティビティーもいくつかあるようですが、

ビーチでのんびり過ごすのが一番。日本語も十分伝わりますし、グアム本土からココスに向かう途中、運が良ければ海ガメが泳いでいるのが見れます。

設備もお湯のシャワーがありますし、お手洗いも綺麗です。ランチも含まれていて過ごしやすいです。今回はロングステイで休みもほぼなかったので、ココスで何にも考えず(いつも考えてないけど)ボケーっと海見ながら波にゆらゆら揺られながら泳いだり、ビーチの木陰でお昼寝したり、タモンの喧騒を抜けてゆっくり過ごしたい方は、ココス島お勧めです。

オフアイランド(笑)写真奥に見えるのが目指すはココス島。

真っ白な小鳥。沢山います。この子達を初めて見た時はちょっと感動しました。Y

南国と言えばヤシの実。

海が綺麗。星砂が沢山(もはや星砂しかない)日焼けして痛い。そして手持ちのファンデーションの色と素肌の色が合わなくなると言う大惨事がこのあと勃発・・・人生最大に焼けたかも。

 

グアム ウェディングロケーションフォトのレポート お洒落に撮影するコツ

グアムで行われたロケーションフォトのレポートです。撮影日は晴天!グアムの美しいロケーション数か所で、お二人も撮影クルーも大変楽しく撮影しました。

大手さんでは決して行かない、マリーナは桟橋から足元を覗くと小さな魚たちが見え暑くても潮風がとても気持ちのいい場所です。その他にもホテルロビーでのファーストミートシーンやスペイン広場・2か所のビーチ・グアムのラスティックっぽい風景が楽しめる道など。

ビーチだけではなく、「よくあるグアムのロケーションフォト」とは違うウェディングイヴのロケーションフォト。現地スタッフと日本在住のスタッフが何度も連絡を取り合い素敵な場所の選定をします。お洒落に撮影するにはたっくさんのロケーションと様々な表情が必要。

お二人のリクエストも可能な限りお答えいたします。ヘアメイクも・アテンダーもドライバーも勿論カメラマンも「笑顔が素敵で、こんなに素敵なカップルに出会えたことが嬉しくて楽しすぎて時間を忘れてしまったよ」とのこと♡

お二人からも楽しかった!スタッフ皆がとても優しくて安心出来たと嬉しいお言葉を頂戴いたしました(^^♪

私達はお客様の最高の思い出作りにどんな時もいつも笑顔を忘れず、ベストケアーでお供致します。

TさんMさんいつまでも末永くお幸せに♡またグアムにいつでも遊びに来て下さいね!その前に私がお二人に会いに行きます。

クインシー&ローズ&サヤカ&ロジャー&マチコより。

 

img_0926file031file065file214file304file027 file023 file026

 

新年明けましておめでとうございます。

img_09412017年新年明けましておめでとうございます。皆様、穏やかな1年の幕開けとなったと存じます。

2016年のウェディングイヴは日本国内のリゾートウェディング・海外リゾートウェディング・ウェディングロケーションフォトのご依頼を沢山頂き、ご縁のあった皆様には心より感謝申し上げます。

2017年も沢山のカップルの皆様とご縁がございますよう、弊社のモットーである「心と心を繋ぐウェディング」を忘れずに日々邁進しスタッフ一同心を込めてお手伝いさせて頂きますとともに新たなプロジェクトスタートなど、より一層、感動あるウェディングを皆様にお届け出来たらと思います。

今年も皆様にとって素晴らしき1年になりますようお祈り申し上げます。

合同会社ウェディングイヴ スタッフ一同

file031グアムロケーションフォトより

img_0186福岡レストランウェディングより

IMG_0393軽井沢ガーデンウェディングより

img_0926グアムロケーションフォトより

photo-218

福岡ガーデンウェディングより

IMG_0298グアムビーチウェディングより

 

海外挙式のトレンド

IMG_0739
海外挙式を希望するカップルの特徴としては「思い出重視派」です。
新婚旅行を兼ねたり、親族と一緒に海外旅行に行くということがポイントのようです。

旅は誰でもワクワクします。それまでの準備や、空港の雰囲気。現地に到着しイミグレを通過する時の高揚感。

そして花嫁が昔からの憧れであった「結婚式は海外で」ということも後押ししています。

海外挙式の人気はハワイ・グアム・サイパン。最近はフランスも注目されていますね。

ハワイが人気の理由としては日本人に馴染みがある。長期に休みを取ってゆっくりと滞在出来る。南の国を満喫出来るということが挙げられます。
グアム・サイパンが人気の理由としては、日本からアクセスしやすい。時差がないなど旅行に関しての手軽さがあります。

海外挙式でカップルが望むことのランキングの、ナンバーワンは「写真撮影」です。挙式自体としては30分程度で調いますので、
チャペルの中やタウンフォト・ビーチが人気スポットです。カップルの80%以上が写真撮影のグレードアップを現地でオプションで追加オーダーをしています。
せっかくの海外挙式ですので、日本では味わえない雰囲気の中で撮影を希望するのは納得です。

そして最近人気急上昇は現地でのパーティーです。海外挙式の同行列席者平均は10名〜13名ですので、挙式だけではもったいないと考えるカップルが増えていて、
チャペルでは付帯のパーティー会場がセットでされているパッケージがありますし、チャペル以外で挙式をした場合は、近くのレストランでパーティーをします。
挙式中はシャンパンブレッシング(挙式終了後、みんなでシャンパンで乾杯すること)の時に皆とワイワイする時間しかありませんので、それでは足りない場合は、
パーティーをオーダーする方法がベストです。

手作り品を装飾したりバンド演奏を入れたり現地の特色を活かした演出をすることが傾向にあります。

ドレストレンドも変化してきていて10年前はホワイト若しくはオフホワイトのボリューミーなドレスが常でしたが最近は、Aラインが人気ですし写真撮影やパーティーの時はドレスにサッシュベルトをする工夫も多くみられます。

ブーケのトレンドはクラッチが人気を博しています。クラッチは国内でも海外でも人気な形でラウンドかクラッチかと言われる程です。

海外挙式はトレンドチェンジがあまりないことも特徴の1つですが、少しずつカップルの拘りが通用するようになったことは大変喜ばしいことだと思います。

素敵な海外挙式を!

新しいカタチのグアム挙式

IMG_9523
弊社は国内ウエディングは勿論ですがグアムでの結婚式も積極的にお手伝いしています。
グアムに限らず海外で結婚式を希望する場合、ほとんどが旅行会社からのパッケージから手配します。つまりはパッケージなので作られた海外挙式を
購入しています。
では一体、作られた海外挙式パッケージとは何を指すのでしょうか?
答えは持込が全面的にNGということです。すなわちが衣装もカメラマンも・ヘアメイクもパーティー会場も何もかもが、指定だということです。
例えば、1つのお目当てのチャペルがあるとしましょう。そしてあなたはチャペルに申し込みをします。しかし、衣装は拘りたいので「日本から持って行きたい」と
いうリクエストを出します。答えはダメです。もしくは高額な持込料金が発生します。
もう1つ。衣装は持込はしないけれど、サンプルの写真を見たら「ん~イマイチ・・・」だったとしましょう。「カメラマンは日本から連れて行きたい」と言う
リクエストをあなたが出すとしましょう。答えは「NG」です。これは持込料云々と言うよりも完全な禁止事項となりカメラマンを日本から連れていくことは
不可能になります。パッケージとはそう言うものなのです。

私達がお手伝いするグアム挙式は違います。大きな違いはチャペルを使用しないことです。
ビーチなどを使用します。そして1日1組様限定なのでラグジュアリーです。時間枠がありませんので、お好きな時間から挙式やパーティを始めることが可能です。
衣装やカメラマン・ヘアメイクだってどうぞお持込下さい。もしお客様で手配が出来ないアイテムは勿論こちらでご提案致します。

グアムでの結婚式をチョイスする方法は2つです。

一つは大手さんの華やかなチャペルでパッケージで手配すること。
もう一つは弊社のスタイルで行うことです。

私達は現実にグアムでの挙式・パーティー・ロケーションフォトを沢山お手伝いさせて頂いている確かな実績があります。

ウェディングイヴ(WeddingEve)オススメのウェディングアイテムあれこれ

55386058[1]
結婚式に必要な手配物を総称してウエディングアイテムと呼びます。初めてのことだから何が何だか分かりつらいですよね。
プランナーは当たり前のようにペーパーアイテムとかムービーとか言いますが、何のこっちゃですね。分からないことはどんどん質問してみましょう。
結構な手配物がありますので、今回は、ウェディングイヴ(WeddingEve)オススメのアイテムをご紹介します。

大きく2つに分類することが出来ます。

ゲストをおもてなしするためのアイテム
☆お料理・お飲物
☆引き出物・引菓子・引き出物袋(ペーパーバックと言うプランナーもいます)
☆ペーパーアイテム(印刷物のことです)
・招待状・席次表・席札
☆会場装花
☆貸し切りバス

お二人のためのアイテム
☆挙式料一式
☆会場費
☆演出(バンド演奏・バルーンなど)
☆音響料
☆カメラマン(写真撮影)
☆動画カメラマン(ビデオ撮影)
☆ヘアメイク
☆ブーケ・ブートニア
☆衣装
☆プロデュース料

ざっと数えて15項目もあり見積もりに載ってくるのは更に細かくなって金額も様々です。

例えば同じ動画カメラマンでも記念撮影と言って支度から披露宴のお開きまでを撮影するのか、また挙式だけを撮影するのか、はたまたエンドロール用で
撮影するのかで金額も内容もガラリと変わって来ます。
1つの項目でもこれだけ枝分かれしてくるので、本当に欲しいアイテムはどれなのか、どんな違いがあるのかよく確かめる必要があります。

ヘアメイクも同じで概算見積もり(初期見積もり)には初回お仕度とか初回ヘアメイクと言う文言で記載してあるので、どこまでを初回ヘアメイクなのか
しっかりと確認しましょう。挙式が終わりベールを外すだけも金額がかかってくることがありますので、概算を貰った時にはどれくらいの追加がかかるのか
プランナーに聞いてみて最終見積もりの際に驚かないようにしたいものです。

打ち合わせをすると同時に見積もりは3つのステップで出てくることが多いです。
概算見積もり(契約前に出してくる見積もり)
詳細見積もり(引き出物の数が決定する2か月から1か月前)
最終見積もり

詳細見積もりで着地点が見えやすくなりますのでここでしっかりとチェック!です。
見積もりはプランナー任せにせず、自分でも本当に数があっているか、オーダーした内容があっているのか確認することをお勧めします。

グアムの結婚式

IMG_0298
弊社のお手伝いするグアムでの結婚式は格別なものと言えるでしょう。
グアムには何社かの大手ウエディング会社がありそれぞれがチャペルを所有しておりますが弊社はチャペルを所有しません。
その変わりにビーチで結婚式をする方法をとっています。

そしてパッケージも作っていませんので、お客様が必要とするアイテムを自由に選択して頂くことが可能です。
挙式パッケージは衣装・ヘアメイク・ブーケ・会場使用料・牧師への謝礼・チャペル・ビーチでの撮影がマスト事項で入っていて、
例えばそれぞれのアイテムをキャンセルしても挙式費用は変わりなく、逆に持込料が発生するシステムとなっています。
そして衣装はパッケージに含まれている金額で収まることはほぼなくグレードアップして差額が出ることが多いです。

弊社はその煩わしくクライアントの利益にならないシステムを排除し必要なアイテムだけを弊社で手配しますので、衣装はお持込頂いても良いですし、
提携衣装店をご紹介することも可能です。
そして日本で対面の打ち合わせをしっかりと行いますので安心です。

そしてせっかくのグアムの結婚式ですから写真や動画に拘ることも弊社のポリシーとしており、特にロケーションフォトは大変ご好評を頂いております。
グアムでの結婚式の1日を追ってみましょう。(あくまで1例です)

前日・・・日本から同行するウエディングプランナーがご宿泊のホテルにて最終ブリーフィングを行います。
その際に日本からご持参頂いた衣装一式を検品したり、挙式リハーサルを行わせていただきます

当日
朝8時頃 日本人ヘアメイクがお部屋にお伺いしお仕度をスタート致します。とても腕の良いヘアメイクですし、お部屋に直接お伺いするシステムも
ご好評いただいております。

10時~ ロケーションフォトスタート 担当ウエディングプランナー・カメラマンが同行し島内を時間をかけてゆっくりと撮影致します。
ビーチは勿論、緑のある丘やグアムらしい風景と一緒に存分に撮影致します。(ご要望によりヘアメイクを同行させることも可能です)

12時~ランチ休憩です。

13時半~ 2回目のヘアチェンジを行いドレス再びロケーションフォトに繰り出します。ドレスを脱いで私服で撮影するのもよし、そのままドレスでもよし。

15時~ ここでロケーションフォトは終了です。
そしてゲストの皆様は挙式時間に合わせて島内観光をスタート。高級感あふれるリムジンで観光をお楽しみください。このプランもご好評を頂いております。

17時半~ ビーチウエディングスタート サンセットタイムに合わせて挙式をスタートさせますので、日中の暑さは緩和され波の音とさわやかな風を感じながら
それは夢のような結婚式です。アーチもガゼボ風ですのでたっぷりの布と贅沢にお花を飾ります。
牧師による教会式も可能ですし人前式も可能。シンガーやギターリストのチョイスも可能です。
挙式終了後はビーチでたっぷりとゲストの皆様と撮影です。

19時~パーティースタートです。カジュアルなBBQパーティー・高級感あるファインダイニング・邸宅風のレストランなどいくつかのパーティー会場のご提案を
致します。
ダンサーをオーダーしたり、DJを手配したりピアニストやシンガーを呼んだり。是非グアムらしい演出を取り入れてみて下さい。

こなに自由なグアムの結婚式。グアムを熟知し結婚式の本質を知っているウエディングプランナーがいるからこそ丁寧にそして何組のうちの1組ではなく
お客様のご満足を追求することが出来ますし、このプランニングが可能なのは日本では弊社だけです。

一生思い出に残るグアムの結婚式を弊社は全力でサポート致します。

招待状

56518956[1]
結婚式の招待状はとても大切なアイテムです。なぜならば大切なゲストの皆さまにお送りするお二人からの最初のメッセージだからです。
招待状を作るときは会場が契約している印刷会社のサンプルを見て気に入った物があればそれをオーダーすることが多いと思います。

しかし気に入った物がなかったり契約している印刷会社がない施設は自分達で手配する方法があり招待状や席次席札を総称して「ペーパーアイテム」と呼びますが
ペーパーアイテムを手作りするカップルも増えています。

理由は会場で契約している会社を通すと招待状1部、500円が相場で通販で購入する場合はそれより安価なことが多いからペーパーアイテム代を節約したいと言うカップルや最初から自分達で作りたいと決めているカップルがいます。

デザイン力があるカップルは自分達らしいデザインを起こしてユニークな招待状を作る方もいれば、最近は活版印刷が注目されているので活版印刷で作る方も
多いです。

招待状は本状と言われる部分、すなわち挨拶文や結婚式の日時を知らせる部分が最も大切でゲストに失礼のない文章を丁寧に且つ完結に伝える工夫を
しなければいけませんし、文中に句読点を入れないと言うルールもありますので、手作りをする場合はプランナーと十分確認し合って印刷をするように
しましょう。

また主賓挨拶・乾杯のご発声をお願いする場合に個人的にお知らせをしたい場合に使用する付箋(ふせん)も手作りすると一層、心のこもった物になります。

チャペルと教会の違い

49590552_477x636[1]
日本人が挙式を挙げるときに人気のスタイルが教会式です。
そして教会式を挙げる場所はチャペルと教会の2つがありますが、皆さんはこの違いをご存知ですか?
教会とは・・・信者の為のお祈りの場所ですのでその宗教団体の方が集まる場所。
結婚式もすればお葬式もするのが教会です。聖堂や礼拝堂もこの教会の1つで現在ではキリスト教がそれを意味することが多いです。
そして必ず牧師や司祭がいらっしゃりその方達が結婚式を取り仕切ります。

チャペルとは・・・教会をモチーフにした挙式をするために作られた商業施設を言います。だからチャペルでは結婚式しかしませんし信者さんが集まってお祈りすることもありませんので勿論お葬式はしません。結婚式の為ですので牧師に来てもらうことも出来ますし宗教色をなくした人前式を行うことも可能です。

目的その物が違いますから、教会で結婚式を挙げたいときは未信者の方はお断りされたり少なくとも牧師や司祭との1回以上のガイダンスが必要です。
その点、チャペルはそれを気に入り保有する会場に申し込みをすれば結婚式が出来ます。

 

海外ウエディングの手配の仕方

bride-1216245_960_720[1]
今も尚、人気がある海外リゾートウエディング。
代表的なリゾートはハワイ・グアムでしょう。南国の、のんびりした雰囲気と新婚旅行や家族旅行も兼ねて思い出に残りますね。

手配の仕方は2つあり、まず思いつくのが旅行会社「ハワイウエディング」や「グアムウエディング」のパンフレットを手にする方が殆どだと思います。
一番手っ取り早く手配出来る方法がこれです。
旅行と挙式パッケージが一緒になって販売されているので申し込みを済ませればとりあえずは手配が出来ます。

チャペルや教会の挙式パッケージはどの旅行会社さんでも同じ内容・同じ金額ですが、ここで一工夫することで少し料金が抑えられます。
なぜ内容・金額が同じかと言うと挙式パッケージはウエディング会社が企画し商品を旅行会社に委託販売しているからです。

そして同じチャペルや教会なのにA旅行会社では10時枠が取れるのにB旅行会社では10時が取れず11時枠しか取れないと言った経験もこれからあると思います。
これは企画しているウエディング会社が旅行会社に10時枠はA旅行会社さんに11時枠はB旅行会社さんに販売してもらいましょうと言う、ちょっと専門用語に
なりますが「ブロック枠」を与えているからなのです。

どうしても10時枠で抑えたいなら販売権利を持っている旅行会社で手配することになります。

そしてもう1つの方法は挙式パッケージと旅行を別々に手配することです。
お目当てのチャペルや教会が見つかったらまず、企画しているウエディング会社にその日の何時が空いているか問い合わせてみましょう。
そして仮押さえをしてから旅行が取れれるか旅行会社に問い合わせてみましょう。
こつは1社に問い合わせるのではなく2社3社と問い合わせてみたり、インターネットで探してみるとお手頃価格の旅行が見つかるかもしれません。
ウエブ専用と言うツアーも出ていて、これは案外旅行会社のカウンターにいる人達も知らなかったりします。

ただ手配先がウエディング会社と旅行会社の手配先が2つになるので面倒な方にはお勧めしません。
少しでも節約したいならこの方法はお勧めです。