プライベートビーチウエディング間もなくオープンです

先日1か月のグアム滞在より帰国しました。滞在中はウエディングのお手伝いは勿論、色々な場所に視察も行って来ました。

今後順にリリースをして行く予定ですが、まずはこのプライベートビーチで行うウエディングのご紹介です。

写真の通り、人がいません(笑)

場所はグアム北部にあるビーチ。タモンから車で約1時間の場所にあります。道中も小高い丘の上から開けた海を見下ろせて感動の1言です。

ジャングルみたいな道もこのビーチに辿り着く為には必要。

海はグアム一番と謳われるだけあります

タモンや南部とも違う海の色。凄いとしか言いようがありません。

手つかずの大自然の中でのプライベートビーチウエディングは、さっと挙式だけして後にするのではなく、じっくりこの場所の美しさと時間を体感して頂きたいので滞在型のウエディングが絶対にお勧めです。

挙式をした後、ビーチで泳ぐのもよし(しかも砂浜は星砂ありました)貴重な史跡もあります。(本物のラッテンストーン・パワースポットです)

ガバナもハンモッグもあるから、ある人は、そこでのんびり読書したり、ビール飲んだり。ある人は園内散策したり。二人はビーチで撮影したり。

同じ場所に滞在が出来るから誰が何をしていても良いし、目が届くからお二人が何をしているのか、ゲストが何をしているのか把握できるのも安心です。

そんな自由な時間を過ごした後は、お待ちかねBBQパーティーです。この時間も気取らずにただひたすらワイワイして下さい。だってここはレストランでもないですから。試食もしてきました。お肉も柔らくて食べ応え十分。

上の写真はいわゆる、クラブハウス的な場所です。可愛いですね。

広いガーデンもあるからアイディア次第で色々で出来ます。

グアムでプライベートビーチウエディングが出来るのはここだけです。是非、お問合せ下さい。

 

ウェディングイヴがお手伝いするグアムでの挙式

 

ウェディングイヴがお手伝いするグアムでの挙式は、大手プロデュース会社さんがお手伝いするものとは全く異なります。同じグアムでの挙式ですが、こんなにも違うポイントがあります。  ウェディングイヴにご依頼されるお客様の100%が大手さんのグアムウェディングに少し窮屈さや疑問をお持ちになられている現実があります。

1・持込料が不要→来年から大手さんは一斉に持込料の大幅値上げを開始しました。ドレス持込料・アートブーケ持込料など。弊社では一切持込料は頂戴しておらず、100%のお客様が何らかのアイテムをお持込しています。例えば着たいドレスを着るのが一番お客様にとって美しいと思うしご納得のいくものだと信じているからです。金額やサイズしかりお客様がこれだ!と思うことが大事なのです。

2・1日1組限定→大手さんのチャペルでは1日3〜5組の挙式をしています。時間にはとてもシビア。次のカップルが待っているから1組が遅れては大変です。ヘアメイク・リハーサル・写真撮影での時間割りはとてもきちんと管理されているが故に、「あともう少し○○をしたかった」と言う声は多く聴きます。弊社では1日1組様限定のグアム挙式ですので1日を有意義にそして優雅にお過ごし頂けます。一生に一度の日。カップルやゲストの皆さまに特別でいて欲しいですしそうあるべきです。他のカップルとは違うグアムウェディングを弊社はお手伝いすることが出来ます。

3・日本でゆっくりと打ち合わせ→大手さんは完全パッケージですから、決められたものを当てはめていき、打ち合わせらしい打ち合わせはありません。担当者が現地にペーパーやメールで申し送りをするのみですがウェディングイヴは担当プランナーが日本でしっかりと打ち合わせを行い、現地までお供させて頂くスタイルです。プランナーが現地スタッフとしっかりと情報共有。もちろんお客様と現地で最終ブリーフィングを行ったあとに、現地挙式会場・パーティー会場へ行きそれぞれのスタッフとも打ち合わせを行い当日のお手伝いを致しますので安心感度はくらべものになりません。

4・理想とするグアム挙式が叶えられる。→挙式会場からパーティーまで1から作りあげていくスタイルです。1日のスケジュールから挙式会場の装飾・パーティーイメージ。どんな場所でどのような結婚式をしたいか。何が必要で何が不要か。あんなこともしてみたいな。どんな撮影がしたいかなど。お客様のためだけに作りあげていくオーダーメイドウェディング。あなただけのグアム挙式です。数組の中の1組では決してありません。

5・様々なロケーションで撮影が可能→挙式時撮影禁止。撮影はチャペル内とビーチのみ。合計カット数10枚程度。これが大手さんの現実です。私達は撮影も大切に考えていますので、挙式時の撮影はプロであろうがゲストの皆さまであろうが多いにご自由にして頂いていますし時間もたっぷり。そしてカップルの皆さまが楽しみにして下さっている島内ロケーションも1日のスケジュールに取り入れています。ビーチ撮影は勿論・タウンフォト・グアムならではの自然あふれる高原の中。日本の都会ではあまり見られない限りなく続く1本道など。こんなところで思い出の写真を撮りたいを心ゆくまで楽しんで頂いています。

6・組み合わせは自由→挙式+ロケーションフォト+パーティーの1日フルサポート・挙式のみ・挙式+ロケーションフォト・パーティーのみなどプランニングは自由にチョイスして頂くことが可能です。挙式は憧れのあのチャペルで。でもパーティーは他のところで思い切り自由に楽しみたいな。などお気軽にご相談下さい。

グアムで挙式をしたいけど、結局皆同じかな・・・思い描く理想の結婚式は難しいかな・・・持ち込みを自由にしたいな・・・プランナーやカメラマンと打ち合わせをしっかりとしたいな。人とは違うグアムウェディングをしたいな。と思うなら私達ウェディングイヴにまずはご相談下さい。

素晴らしいグアムでの結婚式を!!

photo-11 photo-15photo-132photo-250photo-382photo-454photo-458photo-607photo-747

 

 

 

 

フリーランスウェディングプランナーが作るリゾートウェディング

台風が過ぎ秋の気配も感じられる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?

私達ウェディングイヴはウェディングのトップシーズンを迎え日々邁進しております。特にグアムウェディングに関しましては来年のご予約をたくさん頂戴しており、またお問い合わせも毎日頂いている状況でございます。既に来年の1月〜3月のご予約のお客様とはお打合せが進み、「こんなグアムウェディングにしたいな」「あんなことをしたいな」と楽しみながらご準備をして頂いています。

ウェディングイヴはお客様1組1組の世界観を最も大切にし、具現化していくことが特徴です。1つも同じことはなく全てお二人らしく本当に素晴らしいウェディングだなと自分で言うのも何ですが・・・心からそう思うのです。打ち合わせの1つのアイテムとして「イメージマップ」をお作りしているのですが、どれをみても全部違うイメージ。

例えばバージンロードはどんなのにしたい?ガゼボのチュールの色をどうする?と言った細かいところから、挙式が終わってゲストの皆さまとウェルカムパーティしたい!とか、挙式会場はこんなイメージで設営したい。どこそこに撮影に行きたいとか。

「A・B・Cどれが良いですか?」全く打ち合わせに出てこない言葉。「どうしようか?」「こんな感じはどうですか?」頻繁に出てくる言葉。

パッケージで販売されていて日本人がグアムウェディングはそれしかないと信じている今、たぶんイヴのグアムウェディングは奇跡に近いと思います。「なんでこんなウェディングが出来るの?」と聞かれますが、その答えはとても簡単。私達プランナーが「フリーランス」と言う立場だからです。前の記事でもお伝えしている通り特にグアムは自由なウェディングがし辛い場所です。同じ海外リゾートでもハワイはフリーのプランナーがたくさんいらっしゃいますがグアムは違います。そして日本でグアムウェディングをフリーの立場でお手伝い出来るのは私の知っている限り私を含めて数名いるかいないか。だからこそ私達はこのフリーグアムウェディングを大切にしたいと思っているし、これからも守り続けなくてはいけないと思っています。リゾートウェディングは簡単なものではありませんし、本来もっともっと自由でそしてお客様のためのものでなければいけません。

フリーランスウェディングプランナーがお手伝いするグアムウェディングの世界をたくさんの方に感じて頂ければこんなに幸せなことはありません。photo-64 photo-147 photo-423 photo-443

 

 

 

 

国内外のリゾ婚の魅力

今日は仕事で軽井沢にいましたが日中はさすがに暑かったですし、県外ナンバーの車で大渋滞。町も沢山の人がいてとても活気がありました。聞こえてくる言語も日本語・中国語・英語と様々で軽井沢らしい1コマでした。日本が誇るリゾート地です。

リゾートで行う結婚式を「リゾ婚」と呼びます。国内で代表的なリゾートは沖縄や軽井沢。海外で代表的なリゾートはハワイやグアムです。私達ウェディング・イヴは国内全てのリゾート地で結婚式のプロデュースを行い(沖縄や軽井沢はお勧めです)海外のグアムでの結婚式のプロデュースもお任せ下さい。最近、特に軽井沢とグアムでのお問い合わせを多く頂戴しております。

リゾ婚の最大の魅力は、「非日常的な空間がある」「非日常的な気分が味わえる」日々忙しくしている中、結婚式は特別な日である訳で、それはカップルやゲストの皆さまも同じです。爽やかな高原や美しい海など豊な自然に包まれる挙式は、やはりリゾートならではです。これまで沢山のリゾ婚をお手伝いいたしましたが、これは体感した人でないと絶対に感じられない何かがあるのは確かな感覚。

リゾ婚スタイルを選ぶカップルは「ゲストとゆっくりと時間を分かち合い感謝の気持ちを十分に伝えたい」と言う声が多く聞かれます。

そしてリゾ婚の特徴の1つとして前日に現地入りすること。一般的には前日に現地に入り、翌日に挙式やパーティーを行いますので、少なくとファミリーで旅行するチャンスが出来ることです。旅は人の心を豊にします。例えば、軽井沢は東京から新幹線で約1時間。軽井沢の街をゆっくりと歩いているだけで心が洗われる気がしてきます。繁華街から少し抜けるとそこは古き良き時代の洒落た建造物があり苔蒸す浅間石の石垣・カラマツ並木道を見ているだけで深く呼吸をしたくなります。

例えばグアム。成田から飛行機で約3時間半。海外旅行が初めてな方でもフライト時間の負担もなく時差も1時間。イミグレを通過するまでは少し緊張するかもしれませんが、今まで味わったことがない位の高揚感。年中常夏ですから、人々も陽気。グアムで結婚式を行う人達は「グアム=海外初めて」と言う方が多いですが、概ね3日~5日の滞在でグアムの虜になっています。スモールアイランドならではの滞在の仕方。それぞれを楽しんでいます。

リゾートでの結婚式はその場所でしか味わえない格別な時間と空間があります。旅+結婚式=忘れられない1日 。自然の中で行われる結婚式。ウェディングイヴはそれらの素晴らしい日々を沢山知っています。natural3o_150531_0029photo-36photo-083o_150531_0137photo-275photo-102

 

自由なグアムウェディングに相応しい場所

日本各地もようやく梅雨が明けいよいよ夏本番です。先日グアムから現地スタッフが帰国し、「グアムより日本の方が暑くて驚いた!」と言っていました。

ウェディングイヴ(weddingeve)は日本スタッフ・現地スタッフがそれぞれ調査し、「ここなら結婚式に相応しい!」と思う場所を厳選しお客様にお勧めしています。お陰様で本格的にグアムウェディングをリリースさせて頂いてから沢山のお問い合わせを毎日頂いております。インスタグラム(machikoweddingeve)・このブログ・現在お手伝いさせて頂いているお客様が立ち上げているホームページをご覧頂いて弊社を探して下さった方・色々と検索して頂き「やっとウェディングイヴを見つけた!」と仰って下さったお客様。     本当にありがたいと思います。

今日は、こんな素敵な場所でウェディングが出来るの?と言う場所を1つご紹介致します。この場所は日本を代表するアイドルグループのPV撮影が行われたり、数多くのファッション誌・CM・ドラマ・映画の撮影地として利用された最高なロケーションです。(余談ですが私の姪も芸能活動をしていてこの場所で撮影しています♡ネタで私○○のおばなんですって言うと、嘘だ~とか言われますが笑)

ごく最近までは限られた人しか入れなかった特別な場所でしたがこの度、ご縁がありオーナー様が快く「ウェディングにお役に立てるならどうぞ」と仰って下さいました。

何もない贅沢。ガラス越しに見える海ではなく、遮るものは何もない。素肌でグアムの美しさを感じて頂ける場所。

ただ見えるのは白い砂浜と真っ青な海。聞こえるは波の音。グアムらしい田舎道を抜け、敷地内は広いガーデン。その先に見える感動的な風景。ここで私達ウェディングイヴはお客様と大切なゲスト様の為だけにウェディング会場を創り上げ、挙式を行います。既にご予約を頂いているお客様もいらっしゃりお打合せもスタートしています。

持ち込み料は一切不要。特別な日だからこそお客様の為だけにスペシャルチームを組み、ビーチでの撮影も結婚式もパーティーの内容もそれぞれです。

グアムで自由な結婚式を挙げることは夢でも不可能でもないことをもっと多くの人達に知ってもらいたいと心の底から願って。

Machiko Ogawa

umi0176-022[1]umi0180-022[1]

 

 

 

 

 

日本のウェディングプランナーのライセンス習得の必要性

photo-99

日本はウェディングプランナーにライセンスを持たせていないのが現状です。その背景に自分の所属する会場だけの面倒を見ればいいからです。もっと言うと自分勤めている会場だけのルールを知っていれば良いだけだからです。日本の婚礼業界は過渡期を迎えました。フリーランスウェディングプランナーの存在です。フリーランスの多くは会場や企業・組織に所属していませんので、自分達の腕と知識・知恵で事業をしています。そして元々はどこかの会場所属を経て独立をしている人達なので、最初はなかなかその時の常識から抜け出すことが大変なような印象を受けます。癖と言うのでしょうか。独立して日が浅いプランナーはどうしても自分の近い過去の経験を中心にして結婚式を作ろうとします。それは確かに無難であり、常識的ではありますが「二人らしさはどこ?」と言う印象があるのも否めません。私は経験自体を否定している訳ではなく、その経験はフリーランスになる・事業として成り立たせるには必要なことだと十分に承知していますし私自身もそうでした。

しかしフリーになると言ういうことはこれまでのルールを一旦、置いてプランニングすることが必要になります。クライアントがどんなところにウエイトを置きたいのかまたそこはウェディングをするのに相応しい場所なのか、悪天候の場合はどうするのかなどなど、ざっと45~50項目の調査が必要であり様々なシーンを想定し仮説を立てなければいけません。これまでの経験では補えなくなるはずです。当日うろたえるのではあまりにも遅すぎます。

そのために、先に知恵と知識をつけておく必要があるのではないかと私は思うのです。学びです。経験やスピードはあとからついてくるので十分に知識をつけなけばいけません。それを総称して「ライセンス」と呼びます。私はちなみにIWPA認定コンサルティングと言うライセンスを持っています。IWPAウェディングプランナー日本資格とIWPAウエディング英国資格の2つを持ち尚且つ3年以上の実務経験がないと受けられない且つ合格出来ないと言うものです。非常に難易度の高い試験でお恥ずかしながら私は2度落ちています。当時結婚式場に勤務しながらのレポート提出やら試験問題の勉強やらしていましたので、苦しかったことを思い出します。

ライセンスは日本で他にもあるようですが私は一番難しそうなのを選びました。なぜならばこれから将来、フリーランスとなり私が知らない場所・経験していない結婚式をクライアントから依頼された時、後ずさりをしたくなかったからです。事実、知恵と知識のおかげで様々なハードルを超えることが今でも出来ています。結婚式を扱っていない会場のスタッフさん達は皆、結婚式のことについては疑問が沢山ですから思いがけない質問が飛び交います。それにきちんと落ち着いて納得のいく回答が出来るのがプロです。

結婚式をあげるクライントは結婚式のことを全く知りません。不安が多いですがそれを1つ1つ丁寧に取り除いてあげるのがプロです。親御様もしかりで、こんな時はどうするの?と多くのご質問があります。両家で意見が違うことも多々です。それを一番ベストな状態に持っていくのがプロです。私達はクライアント・ご親族・ゲスト様の道標であることを忘れてはいけませんし、そうあるべきです。

そして海外では結婚式においての習慣やマナーそのものに日本と海外で相違があるのでそれを現地スタッフに理解と了解を求める必要があり「YES」と言ってもらうのがプロです。これがダメならこれと引き出し(提案力)をもっていなければ太刀打ちできません。言葉が通じなくも理解出来るまで説明や思いを伝え続けることです。海外でプランニングするのは日本のプランニングと訳が違いますし苦労もたくさんありますし海外ならではのハプニングもありますのでいちいちビビッていたら務まりません。プランナーは度胸も必要です。

結婚式はクライントにとって大きな出来事ですから信頼・安心感・期待を持たせてあげる訳でライセンスとはそういうものなのです。ライセンスはプロのプランナーにとって大きな力になりそして当日最大級の笑顔を見れるためにも必要であると思います。

 

お子様も一緒ウェディング =幸せ倍増ウェディング

お子様と一緒のウェディング。「子供が出来たから結婚式をしなかった」「子連れの結婚式は難しいかも・・・」こう言った理由から結婚式自体を諦める方が多いと聞きます。勿論、それもそうかも知れませんね。子育て中のパパ・ママは本当に大変。私も子を持つ母ですからとっても分かります。しかしお子様も一緒のウェディングは思った以上に楽しいですし、思っているより大変ではないような気もします。ウェディングイヴのお客様は実際にお子様が一緒の方がなぜか多い。お打合せはご自宅の近くまでお伺いしたりご自宅にお伺いすることもありますので、お子様のご機嫌が悪くなる時間帯を避けたり環境を避けているのも良いのかも知れません。パパママと育児の話をしたり、ミルク飲ませてあげたり(笑)私はもう子供が手のかかる時期を過ぎたのでとってもそんなシーンが懐かしく思います。そして当日はお子様がいることで場が和んだりパパママがお世話が出来なくても誰かしら「手」は沢山いるので案外平気だったりします。挙式の時も泣いたっていいじゃないですか。それも良い思い出の1つです。駄々をしたって良いじゃないですか。結婚式は賑やかな方が良いのです。子供がいるからと結婚式を諦めている方がいるならばとっても勿体ないことです。是非、お子様がいるからこそ出来るウェディングを叶えてみませんか。思いがけないシーンが誕生します。

photo-204photo-240photo-387photo-392photo-420

軽井沢ローズガーデンでの初の結婚式をプロデュース致しました Karuizawa

IMG_0385IMG_0395この度、弊社ウェディングイヴ(weddingeve)は軽井沢ローズガーデンの挙式を初めてプロデュース致しました。ここは今まで何度も結婚式をしたい!と言うお客様からのお問合せがあったそうですが、先方では結婚式をするノウハウがないと言うことで全てお断りをしていたとのこと。今回は弊社に直接お客様よりご連絡をいただき、ローズガーデンさんと交渉。「プロのウェディングプランナーがいるのなら」と言うことで初めての結婚式でした。

色々と約束ことが多かった中、ローズガーデンさんのスタッフさんもとても協力的で、結婚式が始まる頃はスタッフさんや一般のお客様にも祝福していただきとても素晴らしい結婚式となりました。

当日はバラはまだ少ししか咲いていませんでしたが、その他の草花達は見事に咲いていて、バラの新緑がとても綺麗。所々咲いたバラの美しいこと!ピンク・白・赤・黄色など。ここは楽園かと思わずにはいられません。

「どんな風にプロデュースするんですか?」「やはりプロのプランナーはすごいですね」などなどローズガーデンさんからも大変うれしいお言葉をいただきました。そして興味深々でした。

勿論、お二人もゲストの皆様も大変素晴らしいロケーションの中での結婚式は、本当に良い思い出になったと思います。

現在、写真の準備をしておりますので、整い次第またアップさせて頂きますのお楽しみに!

軽井沢ローズガーデンで結婚式をご希望の方は是非、弊社へお問い合わせ下さいませ。

IMG_0387IMG_0390