エディブルフラワーでウェディングを素敵にコーディネイト!

 

43376432_423x636[1]エディブルフラワーって皆さん、耳馴染みのない言葉ではないでしょうか?日本語で言うところの「食べられるお花」のことで食用専門に栽培されたお花です。世界各地、特にヨーロッパを中心にオランダなどは、日常的にエディブルフラワーを使った料理が食べられてハーブもその一種です。 日本ではお刺身の横にちょこんと菊が添えられているのがお馴染みですね。お料理の上に飾られたり最近ではエディブルフラワーのサラダもあるほどです。昔は種類も少なかったのですが、最近では様々な種類が一般に流通しています

<春〜>
デージー(花言葉・あなたと同じ気持ちです・無邪気・純潔・平和)ベゴニア(親切・幸福な日々)・ペチュニア(心の安らぎ)・バーベナ(家族愛)・インパチェンス(豊かさ)・ニチニチソウ(生涯の友情)・ヒャクニチソウ(絆)・メランポジウム(小さな親切)・ミニヒマワリ(あなただけを見つめている)・ペンタス(感謝)・ラベンダー(許しあう愛)・トレニア(温和・ひらめき)・など

<冬〜>
パンジー(私を思って)・ビオラ(誠実な愛)・アリッサム(優美)・ノースポール(高潔)・ナデシコ(純愛)・プリムラ(運命を開く)・ポリアンサス(富貴)・ジュリアン(永遠に続く愛)・サイネリア(喜び)など種類も沢山ありますしカラーも豊富。花言葉と合わせるのもウェディングにはぴったりでロマンチックですからテーマに合わせながらお花をコーディネイトすると、二人のメッセージもよりよく伝わります。

ドライもありますのでこちらは通年使用が出来るのも嬉しいです。紅茶に入れたりクッキーに馴染みやすいそうです。デザートまでお花であしらわれると洗練されたイメージ。

味はほんのり甘味のあるもの、苦味があるもの様々。エディブルの最大の魅力は思わず「わー♡」と言いたくなるビジュアルの美しさです。

ウェディングケーキやクッキーやドリンク・氷・などに入れてもとても可愛らく華やかな雰囲気になること間違いなし!こなれた感じもして大好きです。私もウェディングプロデュースでよく使用しています。ナチュラルウェディング・アウトドアウェディングなど自然光たっぷりの下で活躍させると本当に素敵なのでとてもお勧めですよ。

栄養価でも評価されていて、食物繊維が多いものやビタミンCがトマトの数十倍高いものなど女性の強い味方です。メニュー表と一緒にお花の説明を入れてあげるのも1つのアイディアです。

 

444448

くれぐれも気を付けて頂きたいのは切り花や観賞用のお花はエディブルでありませんのでお料理などで使用したい場合は、必ずシェフやプランナーに相談して下さいね。エディブルフラワーで素敵なウェディングを!prcm_news-gazo-7782-1[1]

 

日本のウェディングプランナーのライセンス習得の必要性

photo-99

日本はウェディングプランナーにライセンスを持たせていないのが現状です。その背景に自分の所属する会場だけの面倒を見ればいいからです。もっと言うと自分勤めている会場だけのルールを知っていれば良いだけだからです。日本の婚礼業界は過渡期を迎えました。フリーランスウェディングプランナーの存在です。フリーランスの多くは会場や企業・組織に所属していませんので、自分達の腕と知識・知恵で事業をしています。そして元々はどこかの会場所属を経て独立をしている人達なので、最初はなかなかその時の常識から抜け出すことが大変なような印象を受けます。癖と言うのでしょうか。独立して日が浅いプランナーはどうしても自分の近い過去の経験を中心にして結婚式を作ろうとします。それは確かに無難であり、常識的ではありますが「二人らしさはどこ?」と言う印象があるのも否めません。私は経験自体を否定している訳ではなく、その経験はフリーランスになる・事業として成り立たせるには必要なことだと十分に承知していますし私自身もそうでした。

しかしフリーになると言ういうことはこれまでのルールを一旦、置いてプランニングすることが必要になります。クライアントがどんなところにウエイトを置きたいのかまたそこはウェディングをするのに相応しい場所なのか、悪天候の場合はどうするのかなどなど、ざっと45~50項目の調査が必要であり様々なシーンを想定し仮説を立てなければいけません。これまでの経験では補えなくなるはずです。当日うろたえるのではあまりにも遅すぎます。

そのために、先に知恵と知識をつけておく必要があるのではないかと私は思うのです。学びです。経験やスピードはあとからついてくるので十分に知識をつけなけばいけません。それを総称して「ライセンス」と呼びます。私はちなみにIWPA認定コンサルティングと言うライセンスを持っています。IWPAウェディングプランナー日本資格とIWPAウエディング英国資格の2つを持ち尚且つ3年以上の実務経験がないと受けられない且つ合格出来ないと言うものです。非常に難易度の高い試験でお恥ずかしながら私は2度落ちています。当時結婚式場に勤務しながらのレポート提出やら試験問題の勉強やらしていましたので、苦しかったことを思い出します。

ライセンスは日本で他にもあるようですが私は一番難しそうなのを選びました。なぜならばこれから将来、フリーランスとなり私が知らない場所・経験していない結婚式をクライアントから依頼された時、後ずさりをしたくなかったからです。事実、知恵と知識のおかげで様々なハードルを超えることが今でも出来ています。結婚式を扱っていない会場のスタッフさん達は皆、結婚式のことについては疑問が沢山ですから思いがけない質問が飛び交います。それにきちんと落ち着いて納得のいく回答が出来るのがプロです。

結婚式をあげるクライントは結婚式のことを全く知りません。不安が多いですがそれを1つ1つ丁寧に取り除いてあげるのがプロです。親御様もしかりで、こんな時はどうするの?と多くのご質問があります。両家で意見が違うことも多々です。それを一番ベストな状態に持っていくのがプロです。私達はクライアント・ご親族・ゲスト様の道標であることを忘れてはいけませんし、そうあるべきです。

そして海外では結婚式においての習慣やマナーそのものに日本と海外で相違があるのでそれを現地スタッフに理解と了解を求める必要があり「YES」と言ってもらうのがプロです。これがダメならこれと引き出し(提案力)をもっていなければ太刀打ちできません。言葉が通じなくも理解出来るまで説明や思いを伝え続けることです。海外でプランニングするのは日本のプランニングと訳が違いますし苦労もたくさんありますし海外ならではのハプニングもありますのでいちいちビビッていたら務まりません。プランナーは度胸も必要です。

結婚式はクライントにとって大きな出来事ですから信頼・安心感・期待を持たせてあげる訳でライセンスとはそういうものなのです。ライセンスはプロのプランナーにとって大きな力になりそして当日最大級の笑顔を見れるためにも必要であると思います。

 

ウェディングドレスはレンタル?オーダー?賢いドレス選びのすすめ

photo-37結婚が決まったカップルが起こす行動の多くは花嫁の衣装をどうするかと言うことがランキングの上位を占めます。

日本でのウェディングドレスの主流はレンタルなので、まずドレスショップを数店舗まわり、時期としては会場が決定してから半年前にはどのショップで借りるかを決定するカップルが多いようです。金額は一般の式場の場合は着地点(最終見積もり)ウェディングドレス1着カラードレス1着タキシード2着で50万~60万が相場です。最近ではレンタルよりお手頃な金額でオーダー出来るショップもありますからここで賢い選択をすることをおすすめします。そして驚くことに全く同じドレスがA社では30万円でレンタルされB社では15万円でレンタルされている事例もありますので、衣装選びは慎重にして下さい。なぜこんな現象が起きているのかと言うと会場と提携しているレンタルショップ(日本ではこのスタイルが殆どです)はお客様をご紹介頂いたお礼として提携会場に15~30パーセントのコミッションを支払う契約になっているからコミッション分を上乗せした金額を提示しています。全く同じドレスを15万円でレンタルしているB社は、どこの会場とも契約していないのでコミッションを支払う作業が省ける分、お客様にその分還元していると言うことです。こんなドレスショップを見つけられたラッキーですよね。実際あったお話でした。

私のおすすめはオーダーです。やはりジャストフィットするドレスはレンタル以上の美しさがありますし、何よりもオーダーするその過程に楽しさがあるように思えます。生地もデザインも自分のためだけ。勿論ファーストドレスの楽しみ。真新しいドレスはそれだけでうっとりするものです。

セルはその後の管理が大変なのはレンタルに比べ多いですが、例えば海外ウエディングをしたあと日本でもお披露目をする場合は、セルをおすすめします。クリーニングは2万円前後です。会場特有の持込料を入れても(ドレス1着3~5万)セルの方が金額面的に負担が軽い場合もあります。会場がおすすめするレンタル衣装屋だけでなく、色々な情報を探してみましょう。きっと納得のいく全ての面でおいても「運命の1着」が見つけれると思います

日本のウェディング雑誌と海外のウェディング雑誌の違いと変化の仕方

IMG_0372私は仕事柄、海外からウェディング雑誌を購入する機会が多くあります。国としてはアメリカ・フランス・オーストラリアなど。

最近ウェディングイヴがプロデュースしたグアムウエディングの写真が雑誌に掲載されたので久しぶりに国内のウェディング雑誌を見ました。ちょっと面白い発見があったのでご紹介します。

久しく国内のウェディング本を買っていないので少し前(2~3年前)の話ですが国内のそれらはだいたい、施設の紹介が冒頭に掲載されていてハード面での見せ方のボリュームが大きいのが特徴でした。チャペルの写真やパーティー会場の写真。外人さんモデルを採用したデモンストレーションの写真。豪華な装花達でデコレーションされたそれぞれのバンケットルームの写真達。日本では結婚式は結婚式場でと言う習慣がありますので当然な構成だと思います。私も式場勤務をしていた頃、広報の担当をしたこともありますのでいかに自分の会場が他社より素敵に見せることが出来るのか写真チョイスに忙しかったのを思い出します。

海外のウェディング雑誌は、こんなロケーションで結婚式が出来ましたと言う事例が多いのが特徴です。ワイナリーやヨットハーバーなどです。海外は結婚式場施設の概念がないことから、カップル達はどこでレセプションをしようかと考え、そこでどんなレセプションが出来るのかどんな写真が撮れるのかがポイントになるようです。もう一つの特徴としてはプランニング方法や当日までのスケジュールが詳細に記載されていること。これはその場所にプランナーがいないのでカップル達は自分達で自力で最初から最後まで準備をするかプロのプランナーを雇うかどちらかの方法になるからこそ。海外ならではのページの使い方です。

日本では花嫁の支度の方法や段取りなどのスポット的な紹介は昔からよくされていますが(会場探しからスタート♪会場下見に行って来ました♪的な紹介方法)俯瞰的なスケジュールは殆ど紹介がなく、また会場を選べばもれなくプランナーが担当してくれるのでその必要がないわけです。これも日本ならではの伝え方です。

そして久しぶりに見た国内誌は海外のウェディング本に内容やページの使い方が似てきたなと感じることが出来ました。大きな変化は冒頭から会場の紹介ではなく、まず「どんなウェディングをしたいか」を問うページがみられるようになり、またプランニング力が問われるような会場作りこみのデモンストレーションが多く掲載されていることです。実際に「プランニング力」の文言が記載されていたり。「プランニング力」なんて言葉は、まず雑誌で載ることがなかったので驚いたのが正直な感想です。

キーワードが「アットホーム」「ナチュラル」が上位を占めるようになった近年、こんな紹介方法がされるようになった背景はやはり海外のウエディングのやり方・方法が日本に浸透された証拠でもあるでしょうし、自分達がやりたいウェディングスタイルを顧客が主張出来るようになった時代がきたからと言うことと、会場のプランナーが全体を占める日本からフリーランスウェディングプランナーの存在が出て来た故のことだと分析します。

会場主体のウェディングからカップ主体のウェディングにシフトされる時代になりました。これからどん風に日本の婚礼業界が動き始めるのか大変楽しみです。

 

 

 

結婚式での「ありがとう」直球は「手紙の朗読」。変化球は「親御様も主役のひとりに」。

株式会社テイクアンドキヴ・ニーズでは、「親御様への感謝の伝え方」について、T&Gおよびグループ会社である株式会社ブライズワードに在籍する全国の518名のウェディングプランナーを対象にアンケート調査を実施いたしました。
 近年、親御様や身近な人へ「ありがとう」を直接伝える機会が少なくなっています。だからこそ、結婚式は感謝を伝えることができる特別な場です。結婚情報誌『ゼクシィ』の「結婚トレンド調査2014」によれば、結婚式を挙げる理由として、72.0%が「親・親族に感謝の気持ちを伝えるため」と回答※1。親御様へ感謝の気持ちを伝えるため、結婚式を実施する新郎新婦が多いことが分かります。
そこで、全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドキヴ・ニーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:岩瀬 賢治 以下、T&G)では、「親御様への感謝の伝え方」について、T&Gおよびグループ会社である株式会社ブライズワード(本社:東京都品川区 代表取締役社長:秋吉 宗徳)に在籍する全国の518名のウェディングプランナーを対象にアンケート調査を実施いたしました。

POINT 1 結婚式での「ありがとう」は「手紙の朗読」が定番
結婚式での感謝の伝え方として、定番となっている「手紙の朗読」について聞いたところ、83.3%の新郎新婦が「親御様に手紙で感謝の気持ちを伝えている」という結果となりました。「手紙の朗読」は、普段なかなか口にすることができない「ありがとう」という感謝の想いを伝えられるため、高く支持されています。また、「手紙の朗読」をせずに後悔する人も多いため、ウェディングプランナーに背中を押され、手紙を読み上げる新郎新婦も多数います。

手紙の朗読

POINT 2 ご新郎の6人に1人が「手紙」で感謝の気持ちを伝えている
従来の結婚式では、「手紙はご新婦が読み上げるもの」というイメージが強くありましたが、最近ではご新婦のみならずご新郎も親御様に手紙を読み上げることが増えてきています。本調査によれば、ご新郎が反抗期以降、親御様と距離が生まれていることやシャイな性格などの背景から、「結婚式を機に今までの感謝の気持ちを伝えたい」、「結婚式だからこそ普段は言えない感謝の気持ちを言葉にすることができる」などの理由で、17.5%のご新郎が手紙を朗読しています。

ご新郎からの手紙の朗読

POINT 3 結婚式における「感謝の伝え方」が多様化 親御様も主役のひとりに
近年、結婚式における親御様への感謝の伝え方が多様化しています。「手紙の朗読」のように新郎新婦の想いをストレートに表現するものから、思い出をたどり親子の絆を呈するもの、親御様にスポットライトを当て親御様への尊敬の念を示すものなど、さまざまです。中でも、ラストダンス、ベールダウンなど、親御様にも主役のひとりとして結婚式に参加してもらい、感謝を伝える傾向が出てきています。結婚式という晴れ舞台において、親子が互いに特別な存在であることを確かめ合い、新たな思い出を作ることができる点が背景にあるようです。

ご新婦とお父様のラストダンス

 

ランキング 結婚式における親御様への感謝の伝え方 
※複数選択式(「手紙の朗読」は対象外)

1位 家族の思い出の写真・映像を流す 65.0%
2位 ケーキ入刀に親御様も一緒に参加してもらうサプライズ 59.6%
3位 手作りの陶芸をプレゼント 29.4%
4位 エンドロールにメッセージを入れた 23.5%
5位 新郎新婦で演奏 14.3%
6位 ご新婦とお父様のラストダンス※2 1.3%

事例 結婚式における親御様への感謝の伝え方
EPISODE 1「親御様にプチ結婚式をサプライズプレゼント」
親御様ができなかったことを実現させてあげたいとの願いから、ウェディングドレスを着ることができなかったお母様に、サプライズでウェディングドレスをお召しいただきました。
例 【T&G】30年目の結婚式
https://www.youtube.com/watch?v=-wuUwXDy2SQ

親御様にプチ結婚式をサプライズプレゼント

 

EPISODE 2「あの頃を思い出し、親子でキャッチボール」
大人になり、お父様との会話が少なくなったご新郎。幼い頃にお父様とキャッチボールをした思い出を大事にしていることがわかり、結婚式で十数年ぶりにキャッチボールをしながら、昔の思い出や今の素直な気持ちを互いに伝え合いました。
例 【T&G】父子の絆-ガーデンヒルズ迎賓館(大分)
https://youtu.be/sp6awXHHnSA

親子でキャッチボール

EPISODE 3「子育て卒業記念に親御様おふたりだけの写真を記念撮影」
新郎新婦の記念写真を撮影する際に、親御様おふたりだけの写真も撮影しプレゼント。おふたりだけの写真がないご夫婦も多く、結婚式といういわば子育ての節目に、カップルとして、夫婦おふたりの写真も記念撮影しました。

親御様おふたりだけでの写真を記念撮影

EPISODE 4「あの日のお母さんと同じ、お母様のウェディングドレスをリメイク」
ご新婦のお母様が結婚式の時にお召しになったウェディングドレスを内緒でリメイク・アレンジして着用。お母様だけでなく、お父様にも喜んでいただきました。
例 【T&G】大好きなお父さんへの贈りもの
https://youtu.be/a4hBsANs43s

お母様のウェディングドレスをリメイク

EPISODE 5「花嫁の最後のお支度。母からのベールダウン」
花嫁のベールは「魔除け」の意味があり、花嫁を邪悪なものから守るためのもの。大切に育ててきた娘を送り出す最後のお支度として、「これからもずっと幸せな人生を送れますように」との願いを込め、お母様がご新婦のベールを下ろしました。

ご新婦母によるベールダウン

 

EPISODE 6「尊敬する父にまたスポットライトを当てたい!」
ご新郎のお父様は元ホテルのシェフ。お仕事に誇りをもっており、リタイヤした後も当時の栄光を嬉しそうに語られたり、シェフを続けられなかったことを悔やんだりする様子だったと言います。そんなお父様の背中をいつも見ていたご新郎は、夢中になれる仕事を見つける魅力を教えてくれたお父様に感謝の気持ちを伝えたいと、ご披露宴の際に内緒でコック服とローストビーフを用意。シェフとしてお父様がローストビーフをカットしてゲストに提供するというサプライズを行いました。

尊敬する父にスポットライトを当てる

<まとめ>
今回の調査では、親御様への感謝をストレートに伝えることのできる手紙は、結婚式において欠かせないものであり、近年はご新婦だけでなくご新郎も手紙で感謝の気持ちを伝える傾向が顕著になっていることが分かりました。
さらに、手紙という手段で感謝を伝えるだけでなく、結婚式に親御様にも主役のひとりとして参加してもらうことで“ありがとう”を伝えるなど、感謝の伝え方が多様化してきています。そこには結婚式という場において親御様を喜ばせたい、スポットライトを浴びさせたい、新しい思い出を作りたいという新郎新婦の想いがありそうです。どのような伝え方であれ、結婚式で「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えることは、家族の絆を再確認することができる良い機会であると言えるでしょう。
T&Gではお客様のご要望や背景に合わせ、おふたりだけの“感謝の伝え方”をご提案してまいります。

※1株式会社リクルートマーケティングパートナーズ ブライダル総研
「結婚式で親が喜ぶ瞬間は?「ゼクシィ 結婚トレンド調査2014」より」(2015年4月22日)
http://bridal-souken.net/research_news/files/19SRN150422.pdf

※2ラストダンス:子育て卒業の意味も含み、ご新婦はお父様と、ご新郎はお母様とダンスをする演出

YouTube
T&G のYouTube公式チャンネル「One Heart Wedding」では、結婚式の最新トレンドやリアルな舞台裏などを公開しています。
1人では思いつかないサプライズ演出や、挙式中のプロポーズ、親御様への感謝の伝え方など結婚式を予定しているカップルに役立つ情報をご覧いただけます。
【T&G YouTube公式サイト】
https://www.youtube.com/user/oneheartwedding
※ T&Gウェディングプランナーが多数登場しています

日本人が外国のウェディングにあこがれる訳

41707130[1]欧米の結婚式は誰もがうっとりする位、本当に素敵な世界です。あんな場所であんな結婚式が出来たらなと一度は花嫁さん達は思います。マーキーと言われる大きなテント・緑や花々に囲まれたガーデン・真っ白な砂浜等々。

彼女達はどうしてあんなにも素敵なウェディングが作れるのでしょうか?それは欧米には結婚式場の施設がないと言う事が大きなポイントです。日本では当たり前のように結婚式は結婚式場で挙げますが、彼女達にはその施設自体がないから、色々な場所で自由にウェディングを作り上げて行きます。日本で結婚式の準備は平均して6ヶ月前から始めますが、欧米では平均して1年半前から準備を進めて行きます。私の海外に住む友人もそうでした。ウェディングドレスやタキシードは完全なオーダーメイドですのでサイズ測定からデザイン・仕立てまで丁寧に行います。日本ではレンタルが主流ですので、あるものから選んで行きます。そこからもうすでにボリュームが違います。そしてどこで結婚式やパーティーを行うか。結婚式は教会で行いそれまでにその教会で結婚式を挙げられるかどうかの審査があります。とてもシビアですね。日本ではチャペルで挙げられるので究極な話、明日ここで結婚式をしたいと言えば可能な話ではあります。そしてパーティー会場はウエディングプランナーと一緒に探します。本来ウエディングプランナーと言う仕事はクライアントのウェディングテーマに沿って組み立てることをしますので、一つ一つ素材探しから始め少しずつパズルを組み立てるように繊細なことをします。経験・スキル・ライセンスがないと務まりません。日本のウェディングプランナーと仕事量が圧倒的に違いざっと45〜50項目の仕事をする訳ですから、あんなに素敵なウェディングが出来上がるのです。

先ほど私がお話した海外在住の友人はカナダに住んでいて小さな島を貸し切ってウェディングを行いました。ボートで島に渡り、迎えの車にのり会場に案内されます。前日から宿泊のウェディングでしたから前日は新郎新婦の父が腕を振るってBBQパーティーをして当日は女性も男性も飛び切りお洒落をして行きます。それはそれは素敵なウェディングで進行は殆どなく自由に飲んだり食べたり踊ったり。大きなフォトブースが置かれ好きな時に写真を撮ることが出来ますしカクテルパーティーやフィンガーフードを楽しみます。何せメイン料理が出て来るのが夜なのでそう考えるとどれだけ長い時間パーティをしているか想像は付きやすいかと思います。

日本人は無難に無難にまとめようとする傾向があるので海外のウェディングのようなことは難しいのかも知れません。

自由・カジュアルに・堅苦しくなく・アットホームなどコンセプトはこの海外のウェディングから来たものですがそれがなかなか出来ないからこそ日本人は海外のウェディングスタイルに大きな憧れをもつのでしょう。

結婚式の契約後に多いトラブルの現状

57329233_480x480[1]平成27年、結婚式をめぐる消費者トラブルが後を絶たないと言うニュースが報道されたのはまだ記憶に新しい出来事です。内容としては、「申込金が返金されない」が多い事例のようです。

なぜこのようなことが起こるかと言うと、会場側が一刻も早く顧客と契約を結びたいが為に無理やりの営業をするからです。多くは「営業担当」が新規接客をし、1本の契約を取るといくらかの報酬が会社から出るシステムとなっており、営業担当は自分のお給料に影響するので新規獲得に必死になると言う構造が見えて来て、顧客のためではなく自分達の成績・会社に褒められたい・トップセールスマンになりたいと言うことを物語っています。こういった会場は所謂、3流以下です。安売りをしているだけですから、クオリティーはたいしたことはありません。

私も実際に営業担当が「今日、これからATMまで付いて行くので申し込金を下さい」と言う会話は何度も聞いたことがあります。

日本のほとんどの会場は「仮予約」と言うシステムを採用しているので、それを活用して下さい。仮予約はだいたいどこも1週間を期限として、その間は台帳で希望日時を抑えることが出来ます。そして仮予約期間は金額は発生しませんので、たとえキャンセルをした場合でもキャンセル料は取られることはありません。仮予約延長も時期によって交渉することが出来ますので、もし複数の会場で決定を迷っている場合は、その旨も相談してみましょう。

そして安いからと言うだけで仮予約もせず、いきなり申し込み金を支払ってはいけません。約款の確認を必ずしましょう。申し込み金が返ってこないのは約款に「申し込み金を入れたあとにキャンセルした場合は、キャンセル料に申込金を充当します」と言う文言が入っているからです。申し込み金を入れる前に先方から約款の提示がない場合は、きちんと約款提示を求めて下さい。契約書・約款を確認することは顧客の責務です。

契約後のトラブルが多いことは非常に悲しい現実ですが、大切なお金です。しっかりとご自分でも守っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェディングイヴ(WeddingEve)オススメのウェディングアイテムあれこれ

55386058[1]
結婚式に必要な手配物を総称してウエディングアイテムと呼びます。初めてのことだから何が何だか分かりつらいですよね。
プランナーは当たり前のようにペーパーアイテムとかムービーとか言いますが、何のこっちゃですね。分からないことはどんどん質問してみましょう。
結構な手配物がありますので、今回は、ウェディングイヴ(WeddingEve)オススメのアイテムをご紹介します。

大きく2つに分類することが出来ます。

ゲストをおもてなしするためのアイテム
☆お料理・お飲物
☆引き出物・引菓子・引き出物袋(ペーパーバックと言うプランナーもいます)
☆ペーパーアイテム(印刷物のことです)
・招待状・席次表・席札
☆会場装花
☆貸し切りバス

お二人のためのアイテム
☆挙式料一式
☆会場費
☆演出(バンド演奏・バルーンなど)
☆音響料
☆カメラマン(写真撮影)
☆動画カメラマン(ビデオ撮影)
☆ヘアメイク
☆ブーケ・ブートニア
☆衣装
☆プロデュース料

ざっと数えて15項目もあり見積もりに載ってくるのは更に細かくなって金額も様々です。

例えば同じ動画カメラマンでも記念撮影と言って支度から披露宴のお開きまでを撮影するのか、また挙式だけを撮影するのか、はたまたエンドロール用で
撮影するのかで金額も内容もガラリと変わって来ます。
1つの項目でもこれだけ枝分かれしてくるので、本当に欲しいアイテムはどれなのか、どんな違いがあるのかよく確かめる必要があります。

ヘアメイクも同じで概算見積もり(初期見積もり)には初回お仕度とか初回ヘアメイクと言う文言で記載してあるので、どこまでを初回ヘアメイクなのか
しっかりと確認しましょう。挙式が終わりベールを外すだけも金額がかかってくることがありますので、概算を貰った時にはどれくらいの追加がかかるのか
プランナーに聞いてみて最終見積もりの際に驚かないようにしたいものです。

打ち合わせをすると同時に見積もりは3つのステップで出てくることが多いです。
概算見積もり(契約前に出してくる見積もり)
詳細見積もり(引き出物の数が決定する2か月から1か月前)
最終見積もり

詳細見積もりで着地点が見えやすくなりますのでここでしっかりとチェック!です。
見積もりはプランナー任せにせず、自分でも本当に数があっているか、オーダーした内容があっているのか確認することをお勧めします。

ご祝儀のあれこれ

540x360xIMG_6270-540x360.jpg.pagespeed.ic.o8foePEb41[1]
結婚式ではとても大切で、でもちょっとデリケートな問題のご祝儀のこと。

頂く側もお渡しする側もお互いが気持ちよくしたいものです。

相場っていくら位なの??
地方によって違いはありますが社会人ですとお友達の場合は3万円・ご夫婦でお招き頂いている・会社の上司なら5万円が相場です。
この数字を見ると分かりますが包む金額は奇数で割り切れない数字です。縁起を担いでいるんですね。
この数字一体どこから来ているのでしょうか?
実はお料理代が2万円位引出物引菓子で1万円位と言う内訳が一般的です。

何で新札なの??
これは新札の用意はすぐに出来ない為に、予め用意しておく必要があり、送る側としては「前々から新しい札を用意してあなたの結婚式を待ちわびていましたよ」と言う意味が込められているためです。そして必ず、真っ黒な墨や筆ペンで名前を書くのも墨は何度も何度も擦らないと黒くしっかりとした字を書くことが出来ませんね。これも「何日も墨をすりあなたの結婚式に備えていましたよ」と言う意味が込められています。逆に葬儀では薄墨が用いられるのはご存知ですか?
「急な出来事で墨の準備が出来ませんでした」「墨をすっていると涙がこぼれ墨が薄れました」と言う意味なのです。
日本人の繊細な心がどちらも伝わってきますね。

ご祝儀の中袋の書き方は??
ご祝儀袋の中には1枚お札を入れるための袋が入っていますので、その中にお金を納めます。その袋に金額・名前・住所が書けるようになっているので、
しっかりと示すことが大事です。どんなにに親しい関係でもしっかりと記入することが大人のマナーです。

金額は絶対に漢数字??
昔は漢数字で記入することが一般的でしたが、現在は普通の字で書いても問題ないです。
漢数字難しいですものね。

お札の向きは??
これとても難しいですね。裏表は分かるとしても上下がイマイチ迷ってしまいます。
簡単に言うとお札の肖像画がある方が表で上と考えます。自分の顔と肖像画が向き合うように入れれば大丈夫です。
そうすると袋からお札を出した時に一番最初に肖像画がひょっこりと顔を出します。これが正解です。

ご祝儀の渡し方は??
当日は受付が用意されていて受付係りの方がいますので、その方に一礼し「おめでとうございます」と一言伝えてからお渡ししましょう。
受付係りの方が知り合いでも「お〜!!」などと言わずにしっかりとご挨拶を交わして下さい。
受付係りの方はお二人やご家族に代わって出ている方だということを認識することが重要です。

受付係りの方がご祝儀を渡す方法は??
受付係りの方は一般のゲストの方より早めに会場到着するようになりますので、会場側若しくはプランナーから受付方法を聞いたあとすぐにご祝儀を盆に出し芳名帳にお名前を書いて下さい。
それに習って一般ゲストの方が同じようにされますのでいちいち、お一人ずつに説明する手間がなくなります。
受付係りの方は結構忙しいので慌てないように、「あっ!ご祝儀を出すの忘れた。名前書くのを忘れた」と言うことがないようにしましょう。

結構周りの人達はあなたのマナーや大人らしさを見ているものです。

六輝(ろっき)のお話

yjimage[1]
大安・友引・仏滅って聞いたことがあるけれど実はよく知らないと言うかたは多いですね。
そしてこの影響を大きく受けているのが結婚式です。仏滅以外なら良いですというカップルやあえて仏滅プランを出すところもあります。
仏滅プランとは通年を通して出ているプランで、人気シーズンでも土日祝日が仏滅にあたる場合は会場には致命傷で、そのリスクを回避するために、
「仏滅だから会場費を半額や無料にしますから結婚式をしませんか?」という戦略的なプランです。
まったく六輝を気にしないカップルならこんなにおいしいプランはないと思います。
そしてトップシーズンでも土日が仏滅にあたり婚礼予約が入らない時は、ブライダフェアを行っています。

なので各会場は「今年は土日大安が多いから大丈夫だね」とか「やばい・・・20×△年は土日仏滅が多いじゃん!プランを作らないと。」となる訳です。
私も昔、ずいぶんとやっていました。

さてそれでは六輝の説明です。
婚礼に適していると言われる順番は大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅です。

大安(たいあん・だいあん)・・・誰もが知る万事選んで良い日で、一日中吉とされています。

友引(ともびき・ゆういん)・・・正午のみ凶とされています。ここ注意ですが実は正午は避けた方が良いとされています。

先勝(せんしょう・さきがち)・・・ここからは聞いたことはあるけど(もしくはカレンダーでみたことがあるけれど)よく知らないという方が多いのではないでしょうか?
万事急いで吉とされる日です。午前が吉、午後が凶とされますので挙式をするなら午前中11時頃までをお勧めします。
会場が自由に時間設定出来る場所なら11時~挙式 12時からランチを兼ねてパーティーをすることも1つのアイディアです。

先負(せんぷ・さきまけ)・・・平静を守って吉とされる日ですので、急いではいけないと言う意味です。したがって午前は凶・午後が吉とされています。
ゆっくり目に12時から挙式をして13時頃からパーティも良いかと思います。この時間設定ならご遠方からお見えになるゲストも急がず移動が出来ますので
負担が少なくなります。日本の婚礼時間は挙式時間を軸に考えて12時から挙式の場合は、11時~受付 12時挙式 13時から披露宴約2時間半ですので、
お見送りを入れてもゲストは16時半には会場を出ることが可能なので、新幹線や飛行機を使ってくるゲストも十分に乗車出来る時間帯だと思います。

赤口(しゃっこう・しゃっくち・しゃく)・・・一番読みつらいですね。実は一番お祝いことには適しておらず大凶とされる日ですが、午前11時から午後1時頃までだけが吉とされる日です。これはちょっと予定が立てづらい。挙式のみなら良いですけど。

仏滅・・・ご存じの通り1日中が凶とされる日です。

六輝は日本人がもっとも気にする要因の1つです。自分達は良いですと言う方もいますが、ご家族が気にする場合が多いですので、
よくご相談されて下さいね。せっかくの結婚式、皆さま晴れやかな気持ちでご参列されることを願います。