レンタルウエディングドレス

51555106_427x636[1]日本ではドレスはレンタルする花嫁が殆どです。

雑誌を見てもウエディングドレスのコーナーはほぼレンタルショップの情報です。

レンタル衣装のメリットとしては、当日が終わってしまえばそのままレンタルショップへ返却出来ると言うことが大きいでしょう。

デメリットとしては高価であると言うこと。ショップによって様々なプランがありますがどこも似たようなプランです。

新郎新婦洋装1着ずつで15万からが多いですが、気を付けないといけないのは全ての衣装がこのプラン内でおさまる訳ではないと言うことです。どこのショップでも上限が設定されておりプラン内の衣装は限られていますので、プラン内の衣装で決まればいいですが、だいたいは追加料金が発生して、最終見積もりは45万~50万で着地します。レンタルする場合は、自分の予算と相談して決定しないと挙式にかかる全ての見積もりのウエイトが重くなってきます。

お気に入りのドレスが予算内で収まりきらない場合は、小物をネットで探してみる等して工夫しながら予算に近づけていきましょう。

ドレスショップもたくさんあるので、何か所も周り大手や個人経営のショップの金額を比べてみましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です