様々な婚礼施設

photo-25
日本人が結婚式をあげる時、婚礼施設(結婚式・披露宴を行う場所)は様々な場所がありそしていくつかのメリット・デメリットもあります。
ホテル・ゲストハウス・レストラン・海外リゾートが大きな分類となります。

ひと昔前は、自宅・公民館が主流でしたが大手のホテルが婚礼を取り扱うようになりこのあたりから日本の婚礼スタイルが大きく変わります。
現在の形が出来上がったのは今から約50年前ですので、それからシステム的にはほとんど変化がないのも現状です。

それでは各ホテルのメリット・デメリットをお伝えします。

ホテルは、宿泊・レストラン・宴会の3つの大きなセクションがあり更には衣装・美容サロン・花屋が入っている複合施設です。
そしてホテルにはチャペルや神殿があり、どの挙式スタイルにも対応出来るようになっています。屋内チャペルが殆どでしたが最近では屋外チャペル・
ガーデンチャペルが誕生しておりそれぞれの美しい景色を売りにしています。
メリットは複合施設である性質上、幅広い年齢層に対応出来きバンケットルームをいくつも持っているので予約が取れやすいですし、宿泊もウエディングパッケージに含まれていますので1日を移動なしでホテル内で完結することが可能ですので大変スムーズです。

デメリットは、1日に複数の婚礼が行われるため、また婚礼以外のお客様もいるので非常にせわしないことです。私も大手ホテルで行わたウエディングに参列した
ことが何度もありますが受付に行くまで、チャペルに行くまでほとんどが迷い大変困ったことがあります。
披露宴が始まってしまえば問題はありませんが、その前までが大変です。そして婚礼組数が多いのであるでマニュアル化されていることも否めません。

ゲストハウスは邸宅をイメージして作られていてコンセプトはまるで自宅に招いたようなウエディングです。1日1組限定若しくは午前1組午後1組の用意があるところですので、非常に優雅な雰囲気を感じることが可能でガーデンやプールがあるところも多いですのでお洒落度も高いのも特徴です。
メリットとしては外観・内観が優美でありチャペルも併設していますので宿泊を除けばホテルと変化はないでしょう。
そしてコンセプトが前述したように自宅ウエディングですのでアットホームなと言うキーワードも当てはまります。

デメリットは高額であると言うことです。私の知る限り婚礼施設の中では一番高額であると言えます。施設貸切料・婚礼料飲価格・サービス料・その他の付帯料は
やはり施設を維持して行く上には当然かもしれません。その他に婚礼枠が少ないですので予約が取り辛い点も挙げられます。

レストランは少人数ウエディングに向いています。そしてレストランウエディングを望むカップルはグルメな方が多く、いわゆる披露宴の演出はしなくてよいので
ゲストに方に美味しい料理・レストランの雰囲気をそのまま感じてもらいたいと言う趣旨が強い傾向にあります。

メリットはお料理が大変美味しいと言うことと、ほとんどが1日1組限定であるためその婚礼に対してシェフと一緒に婚礼料理を組み立てやすいことこです。
カップルのお気に入りの1品や思い出の味をリクエストすることで特別な1日を味わうことが出来ますし結婚式が終わったあとの記念日にも足を運ぶことが出来ます。
オーベルジュ(宿泊付きレストラン)もありますので宿泊がまったく不可でもありません。

デメリットはそもそもウエディングの為に作られた施設ではないため、ホテル・ハウスゲストのように便利さにはかけてしまいます。
例えば、ブライズルームと呼ばれる支度部屋やゲストの為の更衣室もありませんしトイレも少ない点も挙げられます。チャペルは併用していないので挙式場とパーティ会場の移動も負担もあります。

海外リゾート ハワイやグアムが海外ウエディングを代表します。日常の忙しさを忘れて南国で上げるウエディングは格別なものです。
メリットはカップルにもよりますが二人きりで結婚式が出来ること。ゲストをお招きする場合は旅行も楽しんでいただけることは魅力的です。
日本とはまるで違う景色・雰囲気は思い出深い1日になることでしょう。そして海外ウエディングの平均ゲスト数がグアムで言うと13名ですのでごく親しい方のみを
およびすることで多人数ウエディングの大変さが軽減されることです。

デメリットは挙式費用と他に旅行費がかさむこと。旅行もかねているので最低でも2泊以上をしないといけないことです。
システム的には日本のウエディング会社が運営していますので万一、ドレスを持込たい場合は相当額の持込料の支払いを求められます。
最近ではフリーランスが手掛けている海外ウエディングもありますので拘りが強い方は一度問い合わせてみる方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です