少人数ウエディングのススメ

「蜜を避けましょう」が常になってソーシャルディスタンスなんて言葉は1年前までは知らなかった。

ウエディング業界だけではなく、ほぼ全ての仕事が「底」を見た。未来なんて誰も分からないけど、これだけ未来を知りたくなったことはないし、誰もが知りたいことだと思う。グアムは只今ロックダウン。毎週「明日ロックダウンが解除される予定の前日」は日本にいてもそわそわする。2回目のロックダウンが8月中旬で2週間の予定だったが、延長・再延長・再々延長。あんなに小さな島でロックダウンをしているにも関わらず感染者が一向に減らないのは、なぜ??

さて本題。海外ウエディングはもともと少人数で行われる。日本国内のウエディングの列席者数は平均60人と言われていてグアムウエディングの平均列席は13人と言われている。

海外で行うウエディングは素敵だと思う。少人数のウエディングの良さは、パーティー時間2時間半の中でそれはそれは濃密にゲストと過ごせること。あえて濃密と言う言葉を使いたい。

演出はない。私が演出をあまり好まないプランナーなのかも知れない。進行表を組むのが面倒臭いからとか言う理由で演出を入れない訳ではないのは分かって欲しいです(笑)これでも会社で雇われていた頃のプランナー時代は色々企画して、それがその時代珍しいものだったから会社推薦でウエディング雑誌によく掲載して頂いた。

グアムでの結婚式プロデュースをスタートして気が付いたことの1つとして、風景の美しさを感じながら会話ゆっくりと楽しんで欲しいと言うこと。アメリカ人は食事の時の会話をとても大切にする。これは日本人に是非とも学んで欲しいと思う。ローカルの結婚式を何度かプロデュースしたことがあるが、日本のような演出は殆ど行わない。カクテルを楽しみ食事を楽しみ、ダンスを楽しみと言った具合にその時間に何をしているかはその人達の自由。それが退屈な時間である訳がない。幸せに満ちた空間で好きな過ごし方をしているのだから。これをイヴでは積極的に取り入れている。だからこそ少人数のウエディングだって、全てのシーンに華やかさがある。華やかさは派手な演出だけにあるものではなく、至ってシンプルの中での華やかさは質の良い時間の過ごし方だと思う。

今日本でもソーシャルディスタンスを意識しながらの結婚式がとても多くなっている。もともと大人数の結婚式を考えていた二人には人数を減らすと言うことは悲しいことだし、本来ならこう言う作業はして欲しくない。

私が何を言いたかったのか、自分でもよく分からなくなりタイトルとかけ離れた文章になってしまったが、要は、海外ウエディングは素敵だよって言うこと。

特にグアムはメリットが沢山ある。フライト時間も少ないし時差も1時間だし、コンパクトな島だから3泊4日でも十分楽しめる。最近は(失礼!)ご飯も美味しいところが多いしオシャレなカフェも沢山。何よりロコ達の笑顔が最高。

こんな世界になっちゃったけど、結婚式を仕切り直すカップルも多い中、グアムでの少人数ウエディングはこれからトレンドになると思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です