自分達で台本を作って欲しいグアムウエディング

先日、私達イヴは特定の会場を持っていないお話しをしました。

今でこそ日本のウエディングも「結婚式場」だけではない場所で結婚式を選ぶカップルが増えましたね。

なぜウェディング・イヴが特定会場を持たないのかと言うと、グアムそのものの「空気感を味わって欲しい」その一言。

会場を探すことや会場を作り上げていくのはとても大変ではあるけれど、時にそれは私達スタッフにとって宝物探しみたいで面白いのです。

波の音・香・ローカル達の笑顔・料理の味・グアムを五感で感じて欲しいから。そして自分達で台本を作って欲しい。イヴのウエディングはそんな思いも込められています。誰かが決めた進行やアイテムではなく、やりたいことが出来れば良いな。これが一番幸せで幸せな形だと今も昔も私達はそう思っています。

ウェディングイヴグアムが現在行っている取り組み

グアムのロックダウン、9月11日に解除予定ですが政府から延長されるか否かの発表はいつもギリギリ。今はまだグアム入島者に関して2週間の検疫が義務付けられています。PCOR1の状態なので「ステイホーム」です。重要なビジネス以外はクローズしています。タモンの街並みをスタッフが動画で送ってくれましたが、だーれもいない。あれだけ賑わっていたホテルロードに人が歩いていません。車はタクシーや業者のトラックの姿は見ることはなくローカルの自家用車だけが走っています。郵便局は開いていてこれもスタッフが送ってきた動画を見ると荷物を受け取るのに1時間半並んだとのこと。大渋滞です。グアムは荷物の受け取りは郵便局にわざわざ取りに行かないといけないらしく、日本の郵便事情を知っている彼女からすると「どうにかして欲しいシステム」

さて今、イヴグアムでは色々な取り組みをしています。先日お伝えしたローカル向けのサービスに加え、日本人の皆様の為にメイドイングアムのアイテムを吟味中。ゲストにお配りするプチギフトは日本から持って来るのは大変なので、グアムの特産品を引き出物に!をコンセプトにしました。実際に取り寄せて使ってみたり食べてみた飲んでみたりしてスタッフが「これは良い」と言う物だけを揃えています。既に全ての会社さんと交渉が済み取引が出来るようになりました。

こんな風にゆっくり吟味して撮影して〜と言うのは、ウエディングの現場と並行してなかなか出来ないから、気持ちを切り替えて取り組んでいます。

こちらのご紹介は撮影が済み次第公開しますね。お楽しみに!グアムって小さな島だけど可能性は無限ということを改めて知りました。

イヴグアムは毎日ワクワクしながら時を過ごしています。

ウェディング・イヴグアムにニューブランドが誕生しました

皆様大変ご無沙汰しております。お元気ですか?まだまだグアムに入島することが難しい状況ですが私達ウェディング・イヴは元気にしています。

さて今日はニューブランドのご案内です!現在、日本のお客様へのウエディングサービスが出来ませんがローカルに向けて新しいサービスを始めました。

これは「今までグアムにはなかった空間を新しく作る」「手を伸ばせば叶うラグジュアリー」をコンセプトに、ウエディングだけではなく各種アニバーサリーに対応するデコーレーションとフォトのプランです。

発売当日から驚く位の問合せを頂き、嬉しい!

名前はとてもシンプルに「EveGuam」インスタもスタートしていますので宜しければ是非ご覧下さい。ウェディング・イヴグアムのインスタとはまた違う感じでとても可愛いです。

アメリカ本土は勿論、世界中から素敵なアイテムを買い付けました。ランタン・キャンドル・キャンドルホルダー・テーブルランナーなどなど日本では見かけないお洒落アイテムが続々とグアムに到着しています。ただ今グアムはPCOR1と言って外出禁止令が発令されていますので、グアムスタッフ達は自宅でアイテム達の撮影スケジュールやどんな風に撮影するかなどなどの計画中です。

このサービスは現在グアム在住者向けになっていますが、勿論お洒落アイテム達はこれからイヴでグアムウエディングをされるお客様に無料貸出をする予定です。せっかくだから沢山使って欲しい。スタッフ達もあれも欲しいこれも欲しいと追加アイテムを日々まだまだ探しています。

来年はグアムでまた沢山のお客様をお迎え出来ることを祈っています。

 

 

チャペルウエディングと個室でのアフターパーティのレポートです。ラグジュアリーでうっとりしました。

イヴでは珍しいチャペルウエディングのレポートです。ここはウエスティンホテルの敷地内にあるチャペルです。白を基調にした内装にクリアーカラーの長いバージンロード・天井まで届く大きな窓が印象的です。

“チャペルウエディングと個室でのアフターパーティのレポートです。ラグジュアリーでうっとりしました。” の続きを読む

細部にも拘りが見える高度なウエディングブーケ

イヴの花嫁さん達は色々なことに拘りが強いです。それはブーケにも表れていて、ご自身で作ったりブーケ作りのプロにお願いしたりそれぞれ。結婚式が終わってもそのままご自宅に飾っておいたり、国内披露宴でご使用になったりするのでドライやアートの花材で作る方が多いです(※イヴはブーケもお持込無料です)

拘りブーケをご紹介致します。

“細部にも拘りが見える高度なウエディングブーケ” の続きを読む

グアムのウエディングパーティーはカジュアルスタイルが断然お勧め

挙式の後にパーティーをするならカジュアルスタイルが断然お勧めですよ。日本の披露宴をそのままグアムに持ってきたようなスタイルでは勿体ない!南国グアムだからこそ、海を見ながらみんなでワイワイと気軽に過ごすのが旬です。

“グアムのウエディングパーティーはカジュアルスタイルが断然お勧め” の続きを読む

今や当たり前。新郎ソロショットをお洒落にキメよう

結婚式の当日はご新郎だっていつもとは違うオーラが出て来ます。そして非日常的な空間と上質な衣装を着れば皆、紳士になります。普段とは違う雰囲気の新郎をお洒落に写真に残さないのは勿体ない!と言うことでイヴは新郎のソロショットも大切に撮影しています。

ネイビーで少しだけ光沢のあるジャケットは男の色気を醸し出します。新婦のドレスと同様きっと新郎も衣装を決めるのに一生懸命だったはず。イヴでは新郎の衣装は「結婚式の後も日常でお召しになれる物」をお勧めしていてオーダーが圧倒的に多いです。その後にご友人の結婚式やちょっとしたパーティーにも活躍出来そうな物を是非。タキシードはレンタルだし、その時だけしか着ないし、ジャケットなしが出来ないし・・・

“今や当たり前。新郎ソロショットをお洒落にキメよう” の続きを読む

テーブルコーディネートでパーティーをより魅力的に

緊張のお式が調ったあとは、思う存分にパーティーを楽しみたいですね。海外ウエディングの特徴の1つである少人数パーティー(グアムウエディングの平均列席者数は13名)だからこそ、パーティーテーブルコーディネートにも力を入れたいところです。お2人が大切に思っている方達に囲まれてのパーティー。ゲストの皆様にも思わず「素敵!」と言って貰えたら最高に幸せですね。

南国らしい大きなリーフに白の色々な花材をミックス。白のテーブルクロスと白のナプキンで清潔感や爽やかさを。

“テーブルコーディネートでパーティーをより魅力的に” の続きを読む

ウエディングアーチ色々。装花をデザインして差を付けよう

ウエディング・イヴ グアムは挙式にガゼボ(ウエディング・アーチ)を使用しています。ガーデンやビーチ・テラスウエディングなど場所は様々です。元々結婚式の施設ではない場所を結婚式会場にするのが私達のお仕事ですから、素敵なアイテム達をセットして相応しい場所に変化させていきます。

これまでのガゼボデザインを見てみましょう。

白とグリーンで纏めてみました。清楚でいい感じです。チェアーサシェもグリーンにして統一感を出しました。

“ウエディングアーチ色々。装花をデザインして差を付けよう” の続きを読む