少人数ウエディングのススメ

「蜜を避けましょう」が常になってソーシャルディスタンスなんて言葉は1年前までは知らなかった。

ウエディング業界だけではなく、ほぼ全ての仕事が「底」を見た。未来なんて誰も分からないけど、これだけ未来を知りたくなったことはないし、誰もが知りたいことだと思う。グアムは只今ロックダウン。毎週「明日ロックダウンが解除される予定の前日」は日本にいてもそわそわする。2回目のロックダウンが8月中旬で2週間の予定だったが、延長・再延長・再々延長。あんなに小さな島でロックダウンをしているにも関わらず感染者が一向に減らないのは、なぜ??

さて本題。海外ウエディングはもともと少人数で行われる。日本国内のウエディングの列席者数は平均60人と言われていてグアムウエディングの平均列席は13人と言われている。

海外で行うウエディングは素敵だと思う。少人数のウエディングの良さは、パーティー時間2時間半の中でそれはそれは濃密にゲストと過ごせること。あえて濃密と言う言葉を使いたい。

演出はない。私が演出をあまり好まないプランナーなのかも知れない。進行表を組むのが面倒臭いからとか言う理由で演出を入れない訳ではないのは分かって欲しいです(笑)これでも会社で雇われていた頃のプランナー時代は色々企画して、それがその時代珍しいものだったから会社推薦でウエディング雑誌によく掲載して頂いた。

グアムでの結婚式プロデュースをスタートして気が付いたことの1つとして、風景の美しさを感じながら会話ゆっくりと楽しんで欲しいと言うこと。アメリカ人は食事の時の会話をとても大切にする。これは日本人に是非とも学んで欲しいと思う。ローカルの結婚式を何度かプロデュースしたことがあるが、日本のような演出は殆ど行わない。カクテルを楽しみ食事を楽しみ、ダンスを楽しみと言った具合にその時間に何をしているかはその人達の自由。それが退屈な時間である訳がない。幸せに満ちた空間で好きな過ごし方をしているのだから。これをイヴでは積極的に取り入れている。だからこそ少人数のウエディングだって、全てのシーンに華やかさがある。華やかさは派手な演出だけにあるものではなく、至ってシンプルの中での華やかさは質の良い時間の過ごし方だと思う。

今日本でもソーシャルディスタンスを意識しながらの結婚式がとても多くなっている。もともと大人数の結婚式を考えていた二人には人数を減らすと言うことは悲しいことだし、本来ならこう言う作業はして欲しくない。

私が何を言いたかったのか、自分でもよく分からなくなりタイトルとかけ離れた文章になってしまったが、要は、海外ウエディングは素敵だよって言うこと。

特にグアムはメリットが沢山ある。フライト時間も少ないし時差も1時間だし、コンパクトな島だから3泊4日でも十分楽しめる。最近は(失礼!)ご飯も美味しいところが多いしオシャレなカフェも沢山。何よりロコ達の笑顔が最高。

こんな世界になっちゃったけど、結婚式を仕切り直すカップルも多い中、グアムでの少人数ウエディングはこれからトレンドになると思う。

 

 

自分達で台本を作って欲しいグアムウエディング

先日、私達イヴは特定の会場を持っていないお話しをしました。

今でこそ日本のウエディングも「結婚式場」だけではない場所で結婚式を選ぶカップルが増えましたね。

なぜウェディング・イヴが特定会場を持たないのかと言うと、グアムそのものの「空気感を味わって欲しい」その一言。

会場を探すことや会場を作り上げていくのはとても大変ではあるけれど、時にそれは私達スタッフにとって宝物探しみたいで面白いのです。

波の音・香・ローカル達の笑顔・料理の味・グアムを五感で感じて欲しいから。そして自分達で台本を作って欲しい。イヴのウエディングはそんな思いも込められています。誰かが決めた進行やアイテムではなく、やりたいことが出来れば良いな。これが一番幸せで幸せな形だと今も昔も私達はそう思っています。

今や当たり前。新郎ソロショットをお洒落にキメよう

結婚式の当日はご新郎だっていつもとは違うオーラが出て来ます。そして非日常的な空間と上質な衣装を着れば皆、紳士になります。普段とは違う雰囲気の新郎をお洒落に写真に残さないのは勿体ない!と言うことでイヴは新郎のソロショットも大切に撮影しています。

ネイビーで少しだけ光沢のあるジャケットは男の色気を醸し出します。新婦のドレスと同様きっと新郎も衣装を決めるのに一生懸命だったはず。イヴでは新郎の衣装は「結婚式の後も日常でお召しになれる物」をお勧めしていてオーダーが圧倒的に多いです。その後にご友人の結婚式やちょっとしたパーティーにも活躍出来そうな物を是非。タキシードはレンタルだし、その時だけしか着ないし、ジャケットなしが出来ないし・・・

“今や当たり前。新郎ソロショットをお洒落にキメよう” の続きを読む

ファーストミートまでのレポート㏌ GUAM

ウェディング・イヴがお手伝いするグアムウェディングに沢山のお問合せを頂きまして誠にありがとうございます。昨年から引き続き2018年も既にグアムウェディングのお手伝いをスタートしております。ちなみに2月14日にグアムから帰って来ました。今回も大変素敵なウェディングでお二人の拘りやゲストへの心遣いが随所に現れていました。このレポートはまた後日。

去年行われたグアムウェディングのレポートを少しずつ更新して行きたいと思い、沢山のウェディングのお写真ががあるので「グアムで結婚式をしたいな~」「オリジナルティーを出したいな~」「写真もたくさん残したいな~」等など思っているプレ花嫁様達のお力になれればと思います。

まずはお仕度からファーストミートまでのレポートです。ウェディング・イヴではご宿泊ホテルの指定はございませんので、どちらのホテルにご宿泊頂いても構いません。スタッフが前日最終ブリーフィングを兼ねてホテルまでお伺いし、明日のホテル館内の撮影場所を一緒に決めていきます。もちろんファーストミートをご希望の方は、どこで撮影するのか等、ぐるりと館内を歩きます。前日はテスト撮影も兼ねて私服でサンセットタイムをめがけて撮影をするので、ここで撮影のコツをつかむのも良いかも知れません。写真にこだわるのもイヴの特徴です。せっかくの日ですものね。誰とも被らない素敵な写真を残したいものです。イヴでは特定のカメラマンとの契約ではないので、数名のカメラマンを予めお客様にご提案するスタイルですので、カメラマンの個性もあって皆違うテイストです。勿論、カメラマンのお持込みOKです。

時間をかけて丁寧に選んだ小物達も素敵に撮影しますよ!

ヘアーメイクさんが花嫁のお好みスタイルに仕上げてくれます。グアムのヘアーメイクは古いのかな?と言う質問をよく頂戴しますが、全くご心配なさらずに!イヴがお願いしているヘアーメイクさんは天才です!私も一度は彼女にヘアーメイクしてもらいたい位です。お気に入りのシューズを履いて。

ベールを纏えば、花嫁のオーラが伝わってきます。

さて、ご新郎がお待ちになっているビーチへGO♡幸せと安心しきったこのお顔がなんとも言えない(涙)愛している人に会えるってこと。人にとって本当に大切なことなんだと思います。

レポートはまだまだ続きますが今日はこの辺で!

 

 

 

グアムランチウェディングパーティー GUAM

彼らは世界を旅する船上で出会ったと教えてくれた。当日のグアムでのパーティーは午前中に挙式を済ませ、ランチでパーティーをした。ゲストは13名様。殆どがグアムは初めての来島だった。13名では大きすぎる会場は3つの部屋から成っていて二人らしく「世界を旅する」をコンセプトにプランニングした。打合せの時は、あの街のあそこが素晴らしかったとか、あの国に感動したとか私が知らない世界中の話をしてくれた。世界を旅した人達はこんなにも大きくそして寛大なんだといつも思った。会場を過去・現在・未来としてゲストが最初に入るウエイティングスペースには沢山の各国の写真を飾った。そう、過去に二人が一緒に降り立った国々の写真。きっと軽やかな足取りでその地を踏んだんだろうとイメージして、バルーンに沢山の写真を貼ってデコレーションした。顔を寄り添いにこやかに笑う二人。全てが美しい風景に囲まれて。ランチをするお部屋は現在を表現。南国らしいお花とキャンドルでテーブルコーディネイトした。打ち合わせの時、サンプル写真を沢山持って行って、どんな感じにしたい?と相談し、新婦が好きだと言う、白と緑を基調にした花を選んだ。当日会場を見た新婦は「きれい!」と感嘆の声を上げてくれた。

そして、日本からサプライズムービーが届いた。私が出国する前日の深夜に二人の友人から届いたムービー。「時間も時間なのでもし無理だったら放映は諦めます」と送って下さった友人に言われたが、内容を拝見するとどうしても放映したくなった。だって、沢山のおめでとうが込められたから。現地にすぐデーターを飛ばして会場でテストをしてもらった。多分現地時間の深夜3時頃だったと記憶している。「OK綺麗に映ったから安心して」と現地スタッフから素早いレスポンス。結果、当日に二人はとても驚き喜んでくれた。明るい二人の未来を表現したくてパーティー後半は演出を沢山あえて詰め込んで光りがいっぱい注ぎ込む部屋に移動してデザートを頂きながら、ご両親による楽器演奏。楽しかった!お姉様と甥っ子さん達とのピアノの連奏。可愛かったな〜。お母様による歌の披露。プロ顔まけの歌唱力。ご新婦のフラ。その動作そのものが言葉と言うフラダンスは女性らしい柔らかい動き。優雅な音楽。はだしになって美しく踊ってくれた。最後はご新郎によるウクレレの演奏。優しくグアムの小高い丘から響く音色が海に帰っていくようで、涙がこぼれてきた。私は二人の好きを重きに置いてプランニングすることを心がけている。

好きなことを好きなだけ出来るパーティーにしたいと望んだお二人。優しさと穏やかさに包まれたグアムウェディングだった。

purodeced by weddingeve(ウェディングイヴ)

IMG_0397 IMG_0398IMG_0399IMG_0400photo-623

 

 

グアムウェディングのプラニング方法を大公開

photo-2ウェディングイヴ(weddingeve)がプロデュースするグアムウェディングの1日は大手とは全く違うスタイルでそのサービスを提供しています。どんな風に特別な一日を作っていくかその過程を大公開して行きます!

弊社にお問合せ頂くお客様の殆どがグアムでの結婚式をご検討され様々なチャペルをパンフレットで見るも、ピンと来ない。自由度のあまりの低さに「特別感が出ない」「オリジナルティーが感じられない」と言った理由で弊社にご依頼頂くケースです。そして打合せと言っても旅行会社のカウンターで予め決められたアイテムを選ぶだけの作業ですので、これを打合せと言うのかどうかに疑問を感じているようです。

【弊社のプランニング方法と他社との比較】

STEP1

weddingeve(以下we):お問合せを頂いた24時間以内に弊社よりご連絡(メールにて)

他社:旅行カウンターへ

STEP2

we:ヒアリングスタート どんなグアムウェディングにしたいか・どんな場所でグアムウェディングをしたいかなどを詳細にお伺い致します。

他社:ヒアリングなし

STEP3

we:候補の挙式会場・パーティー会場のご提案・概算御見積のご案内

他社:同様

STEP4

ご契約

STEP5

we:一日の仮スケジュールご提案・イメージマップの作成。
お二人のイメージや世界観を画像に起こしていきます。タイムスケジュールも柔軟に対応して行きます。

他社:なし。一日のスケジュールは既に決定しておりますので変更は不可能です。

STEP6

we:打合せスタート!
対面含め5回程の打合せです。実際にお二人と担当プランナーが対面でお打合せをスタートさせます。所要時間2〜3時間。ご提案させて頂いたスケジュール・イメージマップの擦り合わせの大まかな打合せをスタートさせます。次の対面お打合せまではSkype若しくはライン・メールで無制限・時間制限なしでご納得のいくまでやりとり致します。

他社:なし

STEP7 各アイテムのご提案

<カメラマン>

we:候補のカメラマン数名を候補に挙げ、彼らの写真実績を実際にご覧いただきながらご決定していきます。金額もお二人のご要望をお伺いしながら理想のカメラマンをご紹介致します。 日本からカメラマンを同行させる場合はカメラマンとの対面打合せをさせて頂きます。直接どんどんリクエストを伝えて下さい! 一日かけてグアムでの撮影を致します

他社:決められたカメラマン・カット数のみの対応。リクエストベースは高額な追加料が発生。

 

<ブーケ・挙式会場装花・パーティー会場装花>

we:リクエストをお伺いしながら好みの装花を実現させます。テーブルクロスはどんなのがいい?ブーケの形はどうする?このドレスならこれが良いかも!色味の相談、ボリュームはどうするのか等々。金額もお二人のご要望をお伺い致します。

他社:A~Cの中だけのチョイス

 

<動画>

we:どのシーンをどんな風に残したいか。どこから撮影するかなど、細かくお伺いさせて頂き、帰国後一旦動画仮編集をお送りしお客様自身でチェック。その後、納品

他社:リクエスト不可・仮編集なし

 

<パーティー>

we:どんな会場装飾にするか 演出はどんなことをしたいかなど、こだわりが沢山詰まって二人らしいパーティーを実現させます。

他社:お食事のみ。演出不可のところが多い 2時間ぴったりでお部屋を退出。

まとめ

弊社はお二人のこんな結婚式をしたい!を叶えるためにプランナー・スタッフが1つとなりお二人のスペシャルチームを作るからこそご納得のいくグアムウェディングが実現します。お打合せから当日まで楽しく、そして沢山悩みながら一緒に最高のグアムウェディングを作って行きましょう。日本でしっかりとお打合せを行い、プランナーが同行致しますので、安心して一日をお過ごし頂けます。

次回はお見積り例を公開致します!お楽しみに!

グアム挙式の注意点

IMG_0189
今日はグアム挙式をする際の注意点をお伝えして行こうと思います。
実際にあった事例ばかりで少しリアルですがこれからグアム挙式を考えているカップルに少しでもお役に立てればと思います。

1・旅行手配
グアム挙式の手配の仕方の殆どは、旅行会社と抱き合わせになっています。
前日まで旅行スケジュールの詳細が分からないと言った事例もありますので申し込みが済んだらしっかりと確認をしましょう。
出国する空港に何時までにいけば良いのか。空港に到着したらどこに集合すればよいのか。現地に到着したら迎えのバスはあるのか。グアムを出国する場合、
何時に空港に到着すればよいのか。またホテルから空港にお迎えが来るのかどうかなど。

そしてグアムは飛行機の中で必ず※ESTA(エスタ)と言われる申請書を記入します。パスポートナンバーや滞在場所を記載する必要があるのでパスポートや住所・筆記用具がすぐに取り出せるようにしておくと慌てなくて便利です。
エスタはすべてアルファベットで記載します。
※ESTA(エスタ)とは・・・アメリカ合衆国に渡航する場合、テロ防止のために短期滞在のビザを免除している参加国の渡航者がビザなしでアメリカに渡航する条件を満たしているかどうかを審査するものです。

2・オプション確認
最終ブリーフィングと言わる現地での打合せがあります。指定された時間に指定場所に行きましょう。
トラブルが多いのですが日本で申し込んだはずのオプションが申し込まれていない・思っていた内容と違うが上位を占めています。
日本での打合せは殆どないので、現地で判明することがしばしばあるようです。
挙式が終わったあとで気がついてもどうしようも出来ませんので、しっかりと確認することが必要になります。
また、現地精算のオプションもあり、現地スタッフがおすすめします。尚、現地精算のオプションは、日本で情報が得られない場合が多いです。南国と言うこともあり気が大きくなりがちですが予算と相談しながら決定申し込みをしましょう。

3・衣装違い
悲しいことですが、これも多いトラブルの1つです。ドレス違い・ドレスサイズ違い・タキシード違い・サイズ違い・・・
「あれ?」っと思ったらすぐに担当ヘアメイクさんに伝えて下さい。

4・スケジュールの確認
挙式でのスケジュールをきちんと確認しましょう。1つのチャペルで何組も挙式をするので、時間的な余裕はほぼないと思って下さい。
どこで撮影が入るのか。ご親族やご友人たちと撮影が出来るのか。どのあたりで撮影をするのかなどなど。
当日慌てないようにするコツです。

5・グアム挙式は憧れるけどもっと自由にしたい!と言う方
是非、ウエディン・イブにお問い合わせ下さい。お客様の為だけのグアム挙式を1日トータルプロデュース致します。
挙式はチャペルで、でもパーティーだけはお洒落に拘りたいと言うお客様もウエディング・イブへお問い合わせ下さい。
挙式・パーティはしないけど、最高な写真をグアムで撮影したいと言うお客様もウエディング・イヴへお問い合わせ下さい。

すべて日本で打合せ・日本から担当プランナーが同行致しますので、何ものにも代えられないとびきりのグアム挙式をお約束致します。

ご祝儀のあれこれ

540x360xIMG_6270-540x360.jpg.pagespeed.ic.o8foePEb41[1]
結婚式ではとても大切で、でもちょっとデリケートな問題のご祝儀のこと。

頂く側もお渡しする側もお互いが気持ちよくしたいものです。

相場っていくら位なの??
地方によって違いはありますが社会人ですとお友達の場合は3万円・ご夫婦でお招き頂いている・会社の上司なら5万円が相場です。
この数字を見ると分かりますが包む金額は奇数で割り切れない数字です。縁起を担いでいるんですね。
この数字一体どこから来ているのでしょうか?
実はお料理代が2万円位引出物引菓子で1万円位と言う内訳が一般的です。

何で新札なの??
これは新札の用意はすぐに出来ない為に、予め用意しておく必要があり、送る側としては「前々から新しい札を用意してあなたの結婚式を待ちわびていましたよ」と言う意味が込められているためです。そして必ず、真っ黒な墨や筆ペンで名前を書くのも墨は何度も何度も擦らないと黒くしっかりとした字を書くことが出来ませんね。これも「何日も墨をすりあなたの結婚式に備えていましたよ」と言う意味が込められています。逆に葬儀では薄墨が用いられるのはご存知ですか?
「急な出来事で墨の準備が出来ませんでした」「墨をすっていると涙がこぼれ墨が薄れました」と言う意味なのです。
日本人の繊細な心がどちらも伝わってきますね。

ご祝儀の中袋の書き方は??
ご祝儀袋の中には1枚お札を入れるための袋が入っていますので、その中にお金を納めます。その袋に金額・名前・住所が書けるようになっているので、
しっかりと示すことが大事です。どんなにに親しい関係でもしっかりと記入することが大人のマナーです。

金額は絶対に漢数字??
昔は漢数字で記入することが一般的でしたが、現在は普通の字で書いても問題ないです。
漢数字難しいですものね。

お札の向きは??
これとても難しいですね。裏表は分かるとしても上下がイマイチ迷ってしまいます。
簡単に言うとお札の肖像画がある方が表で上と考えます。自分の顔と肖像画が向き合うように入れれば大丈夫です。
そうすると袋からお札を出した時に一番最初に肖像画がひょっこりと顔を出します。これが正解です。

ご祝儀の渡し方は??
当日は受付が用意されていて受付係りの方がいますので、その方に一礼し「おめでとうございます」と一言伝えてからお渡ししましょう。
受付係りの方が知り合いでも「お〜!!」などと言わずにしっかりとご挨拶を交わして下さい。
受付係りの方はお二人やご家族に代わって出ている方だということを認識することが重要です。

受付係りの方がご祝儀を渡す方法は??
受付係りの方は一般のゲストの方より早めに会場到着するようになりますので、会場側若しくはプランナーから受付方法を聞いたあとすぐにご祝儀を盆に出し芳名帳にお名前を書いて下さい。
それに習って一般ゲストの方が同じようにされますのでいちいち、お一人ずつに説明する手間がなくなります。
受付係りの方は結構忙しいので慌てないように、「あっ!ご祝儀を出すの忘れた。名前書くのを忘れた」と言うことがないようにしましょう。

結構周りの人達はあなたのマナーや大人らしさを見ているものです。

グアムの結婚式

IMG_0298
弊社のお手伝いするグアムでの結婚式は格別なものと言えるでしょう。
グアムには何社かの大手ウエディング会社がありそれぞれがチャペルを所有しておりますが弊社はチャペルを所有しません。
その変わりにビーチで結婚式をする方法をとっています。

そしてパッケージも作っていませんので、お客様が必要とするアイテムを自由に選択して頂くことが可能です。
挙式パッケージは衣装・ヘアメイク・ブーケ・会場使用料・牧師への謝礼・チャペル・ビーチでの撮影がマスト事項で入っていて、
例えばそれぞれのアイテムをキャンセルしても挙式費用は変わりなく、逆に持込料が発生するシステムとなっています。
そして衣装はパッケージに含まれている金額で収まることはほぼなくグレードアップして差額が出ることが多いです。

弊社はその煩わしくクライアントの利益にならないシステムを排除し必要なアイテムだけを弊社で手配しますので、衣装はお持込頂いても良いですし、
提携衣装店をご紹介することも可能です。
そして日本で対面の打ち合わせをしっかりと行いますので安心です。

そしてせっかくのグアムの結婚式ですから写真や動画に拘ることも弊社のポリシーとしており、特にロケーションフォトは大変ご好評を頂いております。
グアムでの結婚式の1日を追ってみましょう。(あくまで1例です)

前日・・・日本から同行するウエディングプランナーがご宿泊のホテルにて最終ブリーフィングを行います。
その際に日本からご持参頂いた衣装一式を検品したり、挙式リハーサルを行わせていただきます

当日
朝8時頃 日本人ヘアメイクがお部屋にお伺いしお仕度をスタート致します。とても腕の良いヘアメイクですし、お部屋に直接お伺いするシステムも
ご好評いただいております。

10時~ ロケーションフォトスタート 担当ウエディングプランナー・カメラマンが同行し島内を時間をかけてゆっくりと撮影致します。
ビーチは勿論、緑のある丘やグアムらしい風景と一緒に存分に撮影致します。(ご要望によりヘアメイクを同行させることも可能です)

12時~ランチ休憩です。

13時半~ 2回目のヘアチェンジを行いドレス再びロケーションフォトに繰り出します。ドレスを脱いで私服で撮影するのもよし、そのままドレスでもよし。

15時~ ここでロケーションフォトは終了です。
そしてゲストの皆様は挙式時間に合わせて島内観光をスタート。高級感あふれるリムジンで観光をお楽しみください。このプランもご好評を頂いております。

17時半~ ビーチウエディングスタート サンセットタイムに合わせて挙式をスタートさせますので、日中の暑さは緩和され波の音とさわやかな風を感じながら
それは夢のような結婚式です。アーチもガゼボ風ですのでたっぷりの布と贅沢にお花を飾ります。
牧師による教会式も可能ですし人前式も可能。シンガーやギターリストのチョイスも可能です。
挙式終了後はビーチでたっぷりとゲストの皆様と撮影です。

19時~パーティースタートです。カジュアルなBBQパーティー・高級感あるファインダイニング・邸宅風のレストランなどいくつかのパーティー会場のご提案を
致します。
ダンサーをオーダーしたり、DJを手配したりピアニストやシンガーを呼んだり。是非グアムらしい演出を取り入れてみて下さい。

こなに自由なグアムの結婚式。グアムを熟知し結婚式の本質を知っているウエディングプランナーがいるからこそ丁寧にそして何組のうちの1組ではなく
お客様のご満足を追求することが出来ますし、このプランニングが可能なのは日本では弊社だけです。

一生思い出に残るグアムの結婚式を弊社は全力でサポート致します。