少人数ウエディングのススメ

「蜜を避けましょう」が常になってソーシャルディスタンスなんて言葉は1年前までは知らなかった。

ウエディング業界だけではなく、ほぼ全ての仕事が「底」を見た。未来なんて誰も分からないけど、これだけ未来を知りたくなったことはないし、誰もが知りたいことだと思う。グアムは只今ロックダウン。毎週「明日ロックダウンが解除される予定の前日」は日本にいてもそわそわする。2回目のロックダウンが8月中旬で2週間の予定だったが、延長・再延長・再々延長。あんなに小さな島でロックダウンをしているにも関わらず感染者が一向に減らないのは、なぜ??

さて本題。海外ウエディングはもともと少人数で行われる。日本国内のウエディングの列席者数は平均60人と言われていてグアムウエディングの平均列席は13人と言われている。

海外で行うウエディングは素敵だと思う。少人数のウエディングの良さは、パーティー時間2時間半の中でそれはそれは濃密にゲストと過ごせること。あえて濃密と言う言葉を使いたい。

演出はない。私が演出をあまり好まないプランナーなのかも知れない。進行表を組むのが面倒臭いからとか言う理由で演出を入れない訳ではないのは分かって欲しいです(笑)これでも会社で雇われていた頃のプランナー時代は色々企画して、それがその時代珍しいものだったから会社推薦でウエディング雑誌によく掲載して頂いた。

グアムでの結婚式プロデュースをスタートして気が付いたことの1つとして、風景の美しさを感じながら会話ゆっくりと楽しんで欲しいと言うこと。アメリカ人は食事の時の会話をとても大切にする。これは日本人に是非とも学んで欲しいと思う。ローカルの結婚式を何度かプロデュースしたことがあるが、日本のような演出は殆ど行わない。カクテルを楽しみ食事を楽しみ、ダンスを楽しみと言った具合にその時間に何をしているかはその人達の自由。それが退屈な時間である訳がない。幸せに満ちた空間で好きな過ごし方をしているのだから。これをイヴでは積極的に取り入れている。だからこそ少人数のウエディングだって、全てのシーンに華やかさがある。華やかさは派手な演出だけにあるものではなく、至ってシンプルの中での華やかさは質の良い時間の過ごし方だと思う。

今日本でもソーシャルディスタンスを意識しながらの結婚式がとても多くなっている。もともと大人数の結婚式を考えていた二人には人数を減らすと言うことは悲しいことだし、本来ならこう言う作業はして欲しくない。

私が何を言いたかったのか、自分でもよく分からなくなりタイトルとかけ離れた文章になってしまったが、要は、海外ウエディングは素敵だよって言うこと。

特にグアムはメリットが沢山ある。フライト時間も少ないし時差も1時間だし、コンパクトな島だから3泊4日でも十分楽しめる。最近は(失礼!)ご飯も美味しいところが多いしオシャレなカフェも沢山。何よりロコ達の笑顔が最高。

こんな世界になっちゃったけど、結婚式を仕切り直すカップルも多い中、グアムでの少人数ウエディングはこれからトレンドになると思う。

 

 

自分達で台本を作って欲しいグアムウエディング

先日、私達イヴは特定の会場を持っていないお話しをしました。

今でこそ日本のウエディングも「結婚式場」だけではない場所で結婚式を選ぶカップルが増えましたね。

なぜウェディング・イヴが特定会場を持たないのかと言うと、グアムそのものの「空気感を味わって欲しい」その一言。

会場を探すことや会場を作り上げていくのはとても大変ではあるけれど、時にそれは私達スタッフにとって宝物探しみたいで面白いのです。

波の音・香・ローカル達の笑顔・料理の味・グアムを五感で感じて欲しいから。そして自分達で台本を作って欲しい。イヴのウエディングはそんな思いも込められています。誰かが決めた進行やアイテムではなく、やりたいことが出来れば良いな。これが一番幸せで幸せな形だと今も昔も私達はそう思っています。

ウエディング・イヴグアムが得意なスタイルのご紹介

Hafa Adai!グアムは残念ながら9月11日に解除予定だったロックダウンが18日まで延長になりました。最近の感染者の推移を見ていると想定内とは言えやっぱり残念。

 

今年のグアム入りは厳しくなりそうですが来年はきっと良いウエディングが出来るはずです。

イヴは特定の会場を持っていないからこそ自由気ままなスタイルでウエディングをすることが大得意。レストラン・ビーチ・コンドミニアム・ホテルスイートルームなど。先日も少しブログに書きましたがメインランドから日本では珍しいアイテム達を沢山仕入れたので、益々お洒落に会場作りが可能になりました。勿論イヴでウエディングをされる方にはどのアイテムをどれだけ使おうが無料でお貸出する予定です。

ローカルスタッフが準備するBBQも最高。新鮮な海の幸と彼らの笑顔はきっと良い思い出になります。見てるだけでも楽しいんです。ローカルのBBQって。

こんなに素敵な風景を見ながらのパーティーは日本では絶対に味わえないシーン。グアムに来たら必ず見てほしい。

ロックダウンが過ぎたら撮影を開始する準備は出来ているので、こちらも是非お楽しみに。今は少し下を向いて、すねている状態が続いていますがもうすぐグアムでウエディングが出来るんだと言い聞かせて元気に準備中です。イヴスタッフのもう一つの特徴は皆、声が大きい(笑)笑い声が大きい(笑)南国あるある。

パワーアップしてお待ちしています。

ウェディングイヴグアムが現在行っている取り組み

グアムのロックダウン、9月11日に解除予定ですが政府から延長されるか否かの発表はいつもギリギリ。今はまだグアム入島者に関して2週間の検疫が義務付けられています。PCOR1の状態なので「ステイホーム」です。重要なビジネス以外はクローズしています。タモンの街並みをスタッフが動画で送ってくれましたが、だーれもいない。あれだけ賑わっていたホテルロードに人が歩いていません。車はタクシーや業者のトラックの姿は見ることはなくローカルの自家用車だけが走っています。郵便局は開いていてこれもスタッフが送ってきた動画を見ると荷物を受け取るのに1時間半並んだとのこと。大渋滞です。グアムは荷物の受け取りは郵便局にわざわざ取りに行かないといけないらしく、日本の郵便事情を知っている彼女からすると「どうにかして欲しいシステム」

さて今、イヴグアムでは色々な取り組みをしています。先日お伝えしたローカル向けのサービスに加え、日本人の皆様の為にメイドイングアムのアイテムを吟味中。ゲストにお配りするプチギフトは日本から持って来るのは大変なので、グアムの特産品を引き出物に!をコンセプトにしました。実際に取り寄せて使ってみたり食べてみた飲んでみたりしてスタッフが「これは良い」と言う物だけを揃えています。既に全ての会社さんと交渉が済み取引が出来るようになりました。

こんな風にゆっくり吟味して撮影して〜と言うのは、ウエディングの現場と並行してなかなか出来ないから、気持ちを切り替えて取り組んでいます。

こちらのご紹介は撮影が済み次第公開しますね。お楽しみに!グアムって小さな島だけど可能性は無限ということを改めて知りました。

イヴグアムは毎日ワクワクしながら時を過ごしています。

ウェディング・イヴグアムにニューブランドが誕生しました

皆様大変ご無沙汰しております。お元気ですか?まだまだグアムに入島することが難しい状況ですが私達ウェディング・イヴは元気にしています。

さて今日はニューブランドのご案内です!現在、日本のお客様へのウエディングサービスが出来ませんがローカルに向けて新しいサービスを始めました。

これは「今までグアムにはなかった空間を新しく作る」「手を伸ばせば叶うラグジュアリー」をコンセプトに、ウエディングだけではなく各種アニバーサリーに対応するデコーレーションとフォトのプランです。

発売当日から驚く位の問合せを頂き、嬉しい!

名前はとてもシンプルに「EveGuam」インスタもスタートしていますので宜しければ是非ご覧下さい。ウェディング・イヴグアムのインスタとはまた違う感じでとても可愛いです。

アメリカ本土は勿論、世界中から素敵なアイテムを買い付けました。ランタン・キャンドル・キャンドルホルダー・テーブルランナーなどなど日本では見かけないお洒落アイテムが続々とグアムに到着しています。ただ今グアムはPCOR1と言って外出禁止令が発令されていますので、グアムスタッフ達は自宅でアイテム達の撮影スケジュールやどんな風に撮影するかなどなどの計画中です。

このサービスは現在グアム在住者向けになっていますが、勿論お洒落アイテム達はこれからイヴでグアムウエディングをされるお客様に無料貸出をする予定です。せっかくだから沢山使って欲しい。スタッフ達もあれも欲しいこれも欲しいと追加アイテムを日々まだまだ探しています。

来年はグアムでまた沢山のお客様をお迎え出来ることを祈っています。

 

 

プライベートビーチウエディング間もなくオープンです

先日1か月のグアム滞在より帰国しました。滞在中はウエディングのお手伝いは勿論、色々な場所に視察も行って来ました。

今後順にリリースをして行く予定ですが、まずはこのプライベートビーチで行うウエディングのご紹介です。

写真の通り、人がいません(笑)

場所はグアム北部にあるビーチ。タモンから車で約1時間の場所にあります。道中も小高い丘の上から開けた海を見下ろせて感動の1言です。

ジャングルみたいな道もこのビーチに辿り着く為には必要。

海はグアム一番と謳われるだけあります

タモンや南部とも違う海の色。凄いとしか言いようがありません。

手つかずの大自然の中でのプライベートビーチウエディングは、さっと挙式だけして後にするのではなく、じっくりこの場所の美しさと時間を体感して頂きたいので滞在型のウエディングが絶対にお勧めです。

挙式をした後、ビーチで泳ぐのもよし(しかも砂浜は星砂ありました)貴重な史跡もあります。(本物のラッテンストーン・パワースポットです)

ガバナもハンモッグもあるから、ある人は、そこでのんびり読書したり、ビール飲んだり。ある人は園内散策したり。二人はビーチで撮影したり。

同じ場所に滞在が出来るから誰が何をしていても良いし、目が届くからお二人が何をしているのか、ゲストが何をしているのか把握できるのも安心です。

そんな自由な時間を過ごした後は、お待ちかねBBQパーティーです。この時間も気取らずにただひたすらワイワイして下さい。だってここはレストランでもないですから。試食もしてきました。お肉も柔らくて食べ応え十分。

上の写真はいわゆる、クラブハウス的な場所です。可愛いですね。

広いガーデンもあるからアイディア次第で色々で出来ます。

グアムでプライベートビーチウエディングが出来るのはここだけです。是非、お問合せ下さい。

 

大人気♡憧れのグアムロケーションフォトツアーレポート

グアムで行われた今、大人気のロケーションフォトツアーのレポートです。

今回も沢山のロケーションを周りました。ウェディング・イヴのフォトツアーは選べるロケーションです。イメージ・コンセプトを教えて頂ければお勧めのスポットをご提案します。

大人気の恋人岬に向かう手前の1本道。一体どこまで続くのかなって思わせる位の1本道です。周りのグリーンもいい味出しています。どんなショットでも絵になりますね。

恋人岬入り口です。「TWO LOVERS POINT」のロゴと一緒におでこコツンのワイドショットが可愛♡

恋人岬展望台。地球は丸いってことを体感出来ます。実際に目で見るともっと果てしなく続いて圧巻ですのでグアムに旅行で行かれた時は是非この空間を味わって欲しいです。

展望台の端っこ。真下はリアルに断崖絶壁です。ちょっと足がすくみますがこれも良い思い出になります。ちょっと古いですが映画「タイタニック」の有名シーンを思わずやりたくなる勢い。(私一人でやってたけど、誰も見てくれてなかった笑)

 

タモンタウンに来ました。看板もカラフルでフォトジェニックの素敵な材料になります。街全体がカラフルなのでどこで撮影してもタモンタウンは可愛い。

グアムに来たらたっぷり時間を使っての写真撮影は絶対にお勧めです。テンション高めのカメラマン達がお待ちしております。

ジャケット写真のようにとか、可愛い感じでとか、カッコよくとか色々リクエストして下さいね。

ウエディング・イヴ(Wedding eve Guam)

 

 

グアムウェディングレポート~挙式編~

Hafa Adai!!(こんにちは!!)先日のお仕度編から続き今日はいよいよ挙式のレポートです。

ここは、それは綺麗な綺麗な芝生のガーデンで遮り物が何一つなく目の前が海!の会場です。ビーチにもすぐに降りることが出来るので会場に到着したお二人はまずはガーデンで撮影をしてビーチにおりて撮影を楽しみました。挙式の後もゲストの皆様とゆっくりとガーデンやビーチで撮影出来ます。

ウェディングイヴの挙式は人前式とチャペル式がチョイス出来て人前式は、オリジナルのプログラム(式次第)が組めますのでお二人らしいセレモニーが出来ます。今回のセレモニーも大変ユニークなプログラムが組まれました。お二人から誓いの言葉はレギュラーですが、ご参列して頂いたゲストの方からお二人に誓いの言葉が贈られました♡内容は、お二人のゲストを代表して2名様がそれぞれに「私は新婦の〇〇です。新郎はこの先、ずーっと新婦を大切にしてくれますか?」と言う具合に質問をされ、それに対して答えると言うものでした。これ私も初めての体験でしたが、本当に心の奥からジーンと来るものがありました。

お二人の大切なゲストは、ゲストにとっても大切なお二人な存在で。それが本当に温かな言葉となって生まれてくる瞬間。グアムの穏やかな気候と空気とマッチしてて感動しました。これからのプレ花嫁さんも人前式をするときは是非、ご参考になさって下さいね。

会場のセットアップ完了です!ホワイトチェアーにホワイトガゼボにはカラフルなお花をオン♡このお花達もお打合わせで自由にオーダーして頂けます。可愛いらしくて元気なお花嫁のイメージにピッタリ!緑に芝生に真っ赤なバージンロードも印象的です。

現地スタッフの通訳者からのご挨拶と人前式のご説明。英語ペラペラでいつも元気で笑顔の優しいKumikoさんは大ベテランです!司祭者のSteve。なかなかカッコいい!!日本語は話すことは出来ませんが、とっても優しいくて、もれなく彼の抱擁が付いて来ます♡

シンガーとプレイヤー。生演奏と生歌は、本当に素晴らしいのです。この歌声を聞きながらいよいよ入場です。

いよいよセレモニースタート。Steveのご挨拶などなど。風も波の音も全てに感動します。誓いの言葉はゲスト様にもご参加して頂いているからこそ、お二人の笑顔も最高です。セレモニーのあとはフラワーシャワー。このシャワーもカラフルをリクエストされました。色鮮やかなフラワーシャワー素敵でしたよ。セレモニー後はゲストの皆様もビーチに降りて。カメラマンがユニークに撮影しました。腕の良いカメラマンって本当に重要だとつくづく思う今日この頃。決まったポーズもないので、自由に好きなだけ撮影して下さい♡ウェディングイヴは撮影もとっても大切なポイントだと思っています。みんと同じポーズやお決まりのシーンじゃつまらないし勿体ないですよね。素敵にシューティングしましょ。お勧めのカメラマンをご提案しておりますので、作品や金額などでご自由にチョイスして下さい。

素足で歩けるのもグアムならでは。こんなシューティングもかわいいですね。挙式が無事調って安心したご様子です。ガゼボに飾ったお花を見てほっこりしてました。素直で可愛らしい花嫁さんです。お手伝いが出来て本当に嬉しかったです。

ウェディングイヴのオリジナルグアム挙式、いかがでしたか?次は、大好評のロケーションシューティングのレポートです。

 

 

 

 

 

 

リゾートウェディング~グアムロケーションフォト編~

ウェディングイヴのロケーションフォトは時間をたっぷりと使いグアム島内の様々なロケーションで撮影するスタイルです。ビーチは勿論、ウェディングイヴだけが知っている秘密の場所や「ここ素敵な場所だね!」と思える場所できままに撮影。

グアムのロケーションフォトは1時間~2時間・ロケーションも1つか2つが一般的ですが、ウェディングイヴは、1日中撮影。若しくは挙式とセットしての撮影が大好評です。

グアムでこんな写真が撮りたいな。お洒落に撮影したいな。時間制限なくゆっくりと撮影したいなを全て叶えます。美しいロケーションがまだまだ沢山あるグアムでどこまでも自分達らしい一生の思い出を撮影してみませんか?

photo-135

photo-163

photo-215

photo-353

 

 

 

 

 

 

 

2017年グアムのテーマは「YEAR OF LOVE」~愛の年~

photo-054photo-083梅雨も明けた地方もあります。いよいよ夏本番ですね!グアム政府観光局は2017年のグアムのテーマを「YEAR OF LOVE」愛の年と発表しました。恋人、夫婦、家族、友人達との愛。何げない暮らしの中でも沢山の愛があります。

グアムは忘れてはいけない悲しい歴史もありますが、今、私達日本人や世界中の人々がグアムを愛せるのは、その深い悲しみの歴史を乗り越えたからこそ。そしてローカル達の愛のお蔭です。グアムで有名な観光スポット「恋人岬」(Two Lovers Point)は原住民のチャモロ人とスペイン人女性が禁断の恋に落ち身投げしたと言う伝説が残り愛についてのゆかりの地でもある場所です。

日本から飛行機で3時間半の美しい小さな南の島グアム。毎日多くの幸せなカップルたちが誕生していて皆それぞれの美しさがあって幸せ。

私は個人的にハワイよりグアムの海の方が綺麗だと思っています。遠浅で透明度が高く砂浜も白く南国イメージそのまま。ローカル達も自分達の海をそれはそれは大切にしています。昔、あるローカルが教えてくれた言葉。「なぜ人間は海や自然を大切にしなくっちゃいけないか知ってるかい?自分の命もそうだけど、ずっと先の命も愛してあげないといけないからなんだ。何かを愛することはとても簡単さ。」

来年2017年は愛の年。ニュースをみた時に何だか少しジーンとしました。

ウェディングイヴ(weddingeve)でも2017年のグアムウェディングのご予約をお蔭様で沢山頂戴しており本当に嬉しい限りです。大手さんみたいに1日に何組もこなせない為、1日1組様と限定はさせて頂いておりますが、私達の手掛けるウェディングに賛同してくれるローカル達から様々なロケーションも紹介して頂き、また新たなグアムでの挙式が誕生します。

私達は特別なことをしている訳ではありません。ただ願うのは自由なグアムウェディングをプランニングし全てのお客様にご満足して頂き「結婚式をして良かった。」「グアムにまた来たいね」と思って頂きたいその他は見当たりません。

2017年グアムは愛の年です。是非、この年にグアムで最高な結婚式を挙げてみませんか?きっと素晴らしい結婚式になることと思います。

36900414[1]photo-017   photo-084photo-088photo-102